寒い時期の血圧管理(身体を温めるポイント)

2015/10/19

血圧は気候によって大きく変わりますが、一般に、暖かいときは下がり寒い時は上がる傾向があります。夏は汗をかき、身体のナトリウム(塩)も減少し、温かいので血の巡りも良いために血圧が上がりませんが、寒くなってくると徐々に上ってきます。。。 ということで、今日は「冬の血圧管理」について調べてみたいと思います。

<寒さと血圧の関係>

「寒さ」による血圧の上昇は、血圧が高い人ほど目立ち、通常の人なら夏と冬の血圧の差は20mmHg位ですが、高血圧の人はさらに広がります。ある実験結果で、冷たい水に手を入れ続けた結果血圧が上昇したというデータがあります。手首には太い血管が通っていますが、そこを冷やしただけで血圧は上がるのです。

血圧は寒いと上昇する傾向があります。なぜなら、寒さを防ぐために熱の放出を最小限にしようと毛細血管を収縮させるからです。血管が収縮すると血圧が上昇しやすいので、血圧が高い方は十分な寒さ対策が必要となります。特に女性の場合は、冷え性の方が多く、足や手といった末端に血液がいきにくくなりますので、ますます血圧が上がってしまうようです。

また、冬の血圧の動きは単純な「寒さ」だけによるものではないのがポイントです。寒い時期は食欲が高まり、特に味の濃いものを食べたくなるといわれています。冬場のカロリーを体に貯めようとするからです。

<冬のお風呂は要注意>

朝と寒い季節のトイレ以外に気をつけなくてはいけないのは、お風呂です。 バスタブにつかり身体全体が温まった時の血圧は、血流が良いために低くなっています。勢いをつけた心臓は次々に血液を送り込みますが、湯あがりに脱衣所が寒いと、体温を調節するために血管が、急速に収縮します。 高齢者の動脈は弾力が失われていますので、勢いのよい血流に耐えられずに、破裂する危険にさらされるのです。 こうした「ヒートショック」は、家庭内で高齢者が死亡する原因の4分の1を占めると言われています。

*入浴前と後には水を飲んだほうが良い!?

冬は高齢者の体内は、水分不足となります。入浴前の1杯の水で、水分を増やして血管を膨らませておくことで、血栓が詰まったり血管が破裂するのを防ぐことが可能になるという説があるそうです。水分不足の血管は、ざらざらして血液が固まりやくなります。 血管が急に収縮して、ドロドロした血液が衰えた血管に一気に流れるのと、水分でさらさらした血液が流れるのとでは、衝撃が異なってきます。 また、入浴後に水を飲むことで、体から蒸発した水分を補い、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを減らすことが出来るということです。。

<寒い時期の注意事項>

皮膚が冷たい空気にふれると体温を逃がさないように交感神経が作用して血管が収縮してしまうので冬は血圧が上がりやすくなります。寒暖の差(暖かい部屋⇒寒い部屋)が激しいと室内でも血圧が上昇します。

・冷水で炊事・洗濯・洗顔するだけでも血圧が上がるのでぬるま湯などを使って予防しましょう。
・朝起きてお布団から出てすぐ体を冷気にさらしてしまうのも良くないので起床時の前に暖房のタイマーをセットしておくのも良いでしょう。
・移動する冷えた廊下や特に寒い脱衣所・トイレは脳卒中や心筋梗塞を引き起こしやすい場所なので事前に暖かくしておくように心がけましょう。

<身体を温めるポイント>

首・手首・足首は3つの首と言われ、大動脈が通っている部分です。特にこの3つの首を防寒することで温かい血液が身体中を巡ることができます。寒さをしのぐためには、身体を循環する血液を温めることが重要です。

● お腹回りを温める(腹巻効果がすごい!)
腹巻きはお腹だけでなく、体の後ろ側も温めますので、腰痛や生理痛も楽になります。体温が下がると、体は内臓に血を集めて内蔵を守ろうとするそうです。内蔵が多く集まるお腹を温めてあげると、特に下半身の血流が良くなり冷えが解消されます。

・便秘、胃もたれ、下痢の改善
・足のむくみの改善
・腰痛、生理痛の改善

●首を温めると全身が温まる
首には太い血管が通っているので、首を温めると温かい血が全身にいきわたり、体全体を温めることができます。

●ふくらはぎを温める
下半身の血流が滞ると、痔の悪化につながります。ふくらはぎを温めると、痔が改善されるということです。

●温かい朝食をとる
朝からお味噌汁などで体温を上げておくと、その日一日温かく過ごせます。お味噌汁にしょうがを加えるとより効果が上がります。

●大きな筋肉を動かして熱を発生させる
熱を作り出すのは筋肉なので、大きな筋肉があるお腹や太ももを動かすのが効果的です。(縄跳びなどがおすすめです。)

<img src="http://livedoor.blogimg.jp/shiz0524/imgs/7/7/773db5b1.gif" width="450" height="356" border="0" alt="140402501" hspace="5" class="pict"  /><br />

・・・ということです。夏でも冷房などで首回りと足首が冷えると、むくみや肩こりが出ていたので、今年の夏は仕事中も首にスカーフと足首にレッグウォーマーをしていました。涼しくなってから、社内のエアコンの温度も高めになっていたので、油断してレッグウォーマーをやめていたら...冷えてむくみがでましたねぇ。むくみが出てくると、血圧も少し高めの数値がでてました。身体を温めることは血圧改善にもつながるということでしょうか。冷え対策、もっと調べてみたいと思います。


にほんブログ村

-高血圧改善