めがね食堂 ruokala silmälasit

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

高血圧改善「きくらげ」

2016/05/09

koduyu01

最近、高血圧改善にきくらげを取り入れているんですが、蕎麦に匹敵するぐらいの効果がでていて、翌朝の血圧の数値にびっくりすることがあります。・・・ということで、今日は「きくらげ」について調べてみたいと思います。

<きくらげとは?>

ミミキノコ、キノミミとも呼ばれ、その名のとおり耳の形に似た姿形をしています。春から秋にかけてブナやカエデ、ニレなどの広葉樹の倒木や切り株に生え、温帯地域に広く分布しています。黒と白の二種類があり、白キクラゲは高級種として知られています。中国では古来よりきくらげが不老長寿に効果があるとされ、高級な滋養食品として大切に扱われてきており、今でも漢方薬・薬膳の材料として重用されています。

きくらげにはビタミン・ミネラル・食物繊維が種類・量ともに豊富に含まれており、その含有量は全食品中トップクラスで、また、その他にも抗がん作用のあるβ-グルカンや、コレステロール値を低下させる酸性多糖グルクロノキシロマンナン等の栄養成分を多く含んでいます。黒きくらげにはビタミンB群、鉄分、エルゴステリンが豊富で、このエルゴステリンは、体内に入るとカルシウムの吸収を促進するビタミンDに変わります。エルゴステリンはきのこ類のかさの部分に多く含まれます。

★ビタミン
ビタミンDの含有量は全食品中第1位!ビタミンB1、B2なども含まれています!

★ミネラル
カルシウムの含有量は牛乳の2倍!鉄分はレバーの約3倍も含まれています!

★食物繊維
食物繊維の含有量は全食品中第2位!その量はごぼうの9倍以上です。

★ファイトケミカル
抗がん作用を持つβ-グルカンを含みます

<きくらげの効能・効果>

● 免疫力を高める効果
高分子多糖体のβ-グルカンを含み、生体免疫力を高める効果があります。β-グルカンは人間の体内で、免疫機能をつかさどるマクロファージやナチュラルキラー細胞、白血球のT細胞、B細胞の働きを活性化し、免疫の関連物質であるインターフェロンの生成を促す作用があります。免疫にかかわる因子を活性化することで免疫力を高めます。また、ブドウ糖や果糖などが多数つながってできた物質であるマンニトールやトレハロースといった糖質を約60%も含んでいるので、抗ウイルス作用も期待できます。

●骨粗しょう症の予防効果
エルゴステリンから変化した豊富なビタミンDは小腸や腎臓でカルシウムの吸収を促進し、吸収率の悪いカルシウムをしっかりと体に取り込んでくれます。骨では血液中のカルシウム濃度を調整し、カルシウムが不足しているときは尿からの排出を防ぐなど、骨のカルシウム濃度を一定に保つ働きを持っています。

●疲労回復、老化防止効果
ビタミンB群、ビタミンEが豊富なので、疲労回復、老化防止にも効果があります。さらに、キクラゲ独特のヌルヌル成分にも効果があります。このぬめりは膠質(にかわしつ)と呼ばれるものですが、滋養強壮、乾燥肌防止、老化を防ぐ効果などがあります。

● 脳梗塞や心筋梗塞の予防効果
体内でビタミンDに変化するエルゴステリンという成分が豊富なため、カルシウムとリンの吸収を良くすることで、血液をサラサラにし、血栓を予防します。そのため、脳梗塞や心筋梗塞など、あらゆる血栓症の予防効果があります。

● 造血作用・貧血の改善効果
鉄分、カリウムを豊富に含んでいるため、造血作用があり、貧血を予防、改善する効果があります。

● コレステロール値、血糖値、血圧を下げる効果
酸性多糖類を多く含むので、コレステロール、血糖値の上昇を抑制します。またカリウムも多く含んでいるのでナトリウムの排出を促進し、血圧を下げる効果があります。

● 健康な皮膚、髪、爪をつくる効果
ビタミンB2が豊富に含まれているため、細胞の新陳代謝を助け、健康な皮膚や髪、爪をつくり、成長を促します。また、粘膜を保護する働きもあるので、目、舌、唇など、粘膜性の部位の健康にも効果があり、肌荒れや口内炎の改善が期待できます。

● 大腸ガンの予防、便秘の改善効果
特に乾燥キクラゲの場合、食物繊維がずば抜けて多いため、大腸ガンの予防、便秘の改善に効果を発揮します。

【ビタミンDの抗がん作用】
多くの疫学的研究で、大腸がんや乳がん、前立腺がん、非ホジキンリンパ腫などでは、ビタミンD の血中濃度が高いほど、がんの発生率が低下し、さらに、肺がんや大腸がんでは、血中のビタミンDの濃度が高い人ほど、再発率が低く、長く生存することが報告されているということです。

<ビタミンDの過剰摂取に注意!>

ビタミンDを過剰に摂取すると、血清中のカルシウムとリン酸濃度が高くなり、腎臓などへのカルシウムの沈着や、吐き気や食欲不振や便秘などの副作用が起こることがあるということです。また、フィンランドで行われた研究では、喫煙者では、ビタミンDの血中濃度が高い上位25%は膵臓がんの発生率が3倍になるという報告がありますので、喫煙者はビタミンDのサプリメント摂取には注意が必要だということです。

・・・ということです。きくらげには血液中の掃除をする働きがあるので、ビタミン群等との相乗効果で動脈硬化の予防や高血圧の予防になるようです。私の実家の郷土料理で、きくらげを使う「こづゆ」という汁椀があるんですが、干しシイタケなど身体に良いものをたくさん使うので、最近は頻繁に作っています。これを食べた翌朝は血圧がかなりいい感じです。機会がありましたら、ぜひトライしてみてください。


にほんブログ村

ad2

-高血圧改善に有効な食材, 1.高血圧