めがね食堂 ruokala silmälasit

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

砂糖でも高血圧になる理由はこれだった!

4cd7a7e9d2d2149b0e24304345f7f364

12月に入ってから、徐々に血圧が上がり始めています。寒さのせいか?年末で忙しいからか?ストレス?とも思いましたが、それほど11月と生活が変わったところもなく...もしかして、甘いもの食べ過ぎのせい? そういえば、最近毎日のようにケーキやらシュークリームやら...会社の机の引き出しにはお菓子が常備。年末で残業が多いのでどうしても甘いものを口に入れてしまってました(-_-;) ・・・ということで、今日は砂糖と高血圧の関係について調べてみたいと思います。

<砂糖と血圧の関係>
砂糖を大量に摂取すると、急速に血圧が上がります。これは、砂糖が血液中の塩化カリウムの濃度を濃くするためです。砂糖自体にはカリウムは含まれませんが、他のミネラル分を溶かしてしまう作用があります。そのため、相対的にカリウム濃度を濃くすることになるのです。血液中のカリウム濃度が上がると、細胞や組織が膨張し拡張します。そうすると血管は膨張して、内径が狭くなります。そのため、血液が通りにくくなることで余計な圧がかかり、血圧が上昇することになるのです。

また、砂糖に限らず炭水化物を含む糖質を摂取することで、血中の血糖値を調整しようとインスリンが分泌されます。このインスリンは、交感神経系の緊張を高め、血管を収縮させる作用があります。そのため、血圧が上がることになるのです

○取り過ぎた糖質の影響
●血糖値が上がり、インスリンが分泌され逆に低血糖になり低血糖症に
●糖質はがん細胞の栄養分となり、発生原因にもなる
●糖質の取り過ぎで疲弊した消化器官が、タンパク質を分解しきれずアレルギーの原因に
●血糖値が急激に上下すると心身にも影響が出て、鬱病やパニック障害に

<砂糖の害>

砂糖は中毒性もあることから“甘い麻薬”とも呼ばれています。摂り過ぎると、血圧を上げるだけではなく様々な疾患を引き起こす原因となりす。砂糖の害は主に2つあります。一つは細菌やウィルスのエサ(感染源)であるということです。砂糖を過剰に摂取することで抵抗力が弱まり、体内で細菌やウィルスが繁殖しやすくなります。また、全身のホルモンバランスや自律神経のバランスを失います。

そして二つ目は、「強酸性」であるということです。これは活性酸素の害そのものと同じです。細胞の破壊によって色々な病気を発症させることがあります。例えば、ひどい便秘や冷え性、肥満、糖尿病、高脂血症、心臓病、めまいなどがそうです。

砂糖を大量に摂取すると、糖分が急速に血中に取り込まれることで、体は低血糖状態となり、精神的な不安感やイライラ、過食、異常な行動などの症状を引き起こすこともあります。また、砂糖を過剰に摂ると、体内では様々なビタミンが消費され、不足することになります。それによって代謝の悪化を引き起こし、酵素の働きが弱まることで、痛みなどの症状も強く出るようになります。

*ソフトドリンクに含まれる砂糖の害

中国、米国を含む研究グループが、栄養学の国際誌ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ニュートリション誌2015年3月4日号オンライン版で報告したもので、砂糖入りのソフトドリンクを飲む量が増えると、高血圧と心臓の病気のリスクも高くなると報告されています。(砂糖入りのソフトドリンクは、高血圧と心臓の病気に良くないを参照)。

砂糖入りのソフトドリンクの消費が1日で1杯増えると、高血圧のリスクが1.08倍。冠動脈性の心臓病のリスクは1.17倍に上がったということです。砂糖を摂取すると(砂糖に限らず炭水化物を含む糖質も)血中の血糖値を調節しようとインシュリンが分泌され、このインシュリンが、交感神経系の緊張を高め、血管を収縮させる作用もあるので、血圧が上がってしまうということです。

<では、ご飯の糖質はどうなのか?>

ご飯の糖質であるデンプンは、多糖類という糖がたくさん集まってできたものです。デンプンは胃で二糖類(糖が2つつながったもの)に分解されてから小腸で吸収されるため、吸収に3~4時間かかります。よって食後の血糖値の上昇が緩やかで、腹持ちもよいのです。また米は糖質のほかにタンパク質やビタミン、ミネラルなどを含んでおり、これらが体内の代謝を助ける働きがあります。

一方、二糖類のショ糖(砂糖)や果物に含まれている単糖類の果糖は、腸管で速やかに吸収されて食後の血糖値を急上昇させるため、インスリンを大量に分泌しなければならなくなります。さらにブドウ糖が肝臓で中性脂肪に作り替えられて脂肪細胞の中に蓄えられ、肥満の原因にもなります。

またダイエットに効果的な糖質として、オリゴ糖があります。オリゴ糖とは単糖が2~20個結合したもので、腸の中で吸収されるものと、消化されずに排泄される難消化性オリゴ糖があります。難消化性オリゴ糖は人間の体で消化吸収することができず、腸管で糖質や脂質を包み込んで排泄するので、食後の血糖値の上昇を抑えたり、血中コレステロールや中性脂肪を下げる働きがあります。エネルギーの摂取も抑えることができるので、肥満の予防にもなります。このほか、腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やして便秘を解消したり、大腸がんを予防したりします。ただし大量に摂取すると下痢を起こす事があるので注意してください。

・・・ということです。このところ甘いものを食べ過ぎで、体重増加どころか、身体がだるく頭痛が頻繁におきていました。ダイエットも兼ねて、高血圧改善に砂糖断ち取り入れたいと思います。


にほんブログ村

ad2

-砂糖有害論, 高血圧 Others