めがね食堂 ruokala silmälasit

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

「便移植」抗生物質の効かない病原菌を退治する!

2016/03/02

60510e1

今日、TVで便移植という最新医療を紹介していたんですが、衝撃的ですね~!
腸活やら腸内フローラやら...最近は腸の働きを正常化して病気を改善させましょうと色々と取り上げられていましたが、便移植という治療法があったとは。。。ということで、今日は便移植について少し調べてみたいと思います。

<便移植とは>

オランダで行われた研究により、胃腸の感染症の治療薬として人糞を用いるという治療法の効果が確認されました。人糞を用いると言っても人糞を服用するのではなく、ドナー(提供者)に提供してもらった大便を食塩水に混ぜて、チューブで患者の腸内に送り込みます。 健康な人の豊富で多様な腸内細菌を数日間にわたって患者の腸内に送り込み、抗生物質の効かない頑固な病原菌を退治する方法です。

大便の提供者となるのは家族であるのが普通ですが、それは単に心理的な理由でしかなく血縁関係や同じ食事をしていることが重要なわけではありません。 匿名のドナーが提供するモノを使用することもあります。 ドナーの条件として年齢は問いませんが、感染症にかかっていたり、寄生虫がいる人はドナーとして不適格です。 また、ドナーには血液検査をしてもらう必要があります。

食塩水に混ぜた大便を腸内に送り込むには、3つの方法が用いられます。
①結腸内視鏡を用いて送り込む、
②経鼻十二指腸チューブを用いて、鼻の穴から入れたチューブを胃を経由して十二指腸まで通し、そのチューブにより送り込む、
③浣腸。

糞便移植の歴史は意外と古く、1958年にまで遡りますが、この研究以前の時点では糞便移植の有効性は、無作為対比試験で確認されていませんでした。 それでも現時点で、米国ではこの治療を行っている病院が50ほどあり、①の方法が最も多く用いられています。

ヒトの排泄物を利用する糞便移植は費用がかからなさそうに思いますが、そうでもありません。 ドナーの選出には医師による検査が不可欠ですし、結腸内視鏡による糞便移植は平均的な結腸内視鏡術よりも時間も費用もかかります。

研究者によると糞便移植は、「想像しうる限りで最も強力なプロバイオティクス」だそうです。 不健全な腸内環境に、健全なフローラ(細菌叢)を導入することになるなのだそうです。糞便移植は、炎症性腸疾患(IBD)や、肥満などの代謝異常、過敏性腸症候群(IBS)などの患者の治療にも有効である可能性があるということです。

・・・すごいですねぇ!
ウサギ等は、食糞の習慣がありますが、食糞は腸内細菌が作り出したアミノ酸、ビタミンB群、ビタミンKなどの栄養素を摂取するしくみで、食糞ができないと栄養障害を起こしてしまうらしいです。現在研究されている最新治療等、調べてみると面白いですねぇ。何事も解決策を求めて壁にぶつかったら、原点回帰が大事ということでしょうか。 今週もゆっくり力まずいきましょう~(^^)/~~~


にほんブログ村

ad2

-高血圧 最新治療