めがね食堂 ruokala silmälasit

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

高血圧カテーテル治療ー>治験中止!

2016/03/02

a301ec99-s

高血圧の最新治療として、ここ数年注目を集めていた「高血圧カテーテル治療(腎デナベーション)」ですが、治験が中止になっていたようです。

この治療は、カテーテルを用いて腎動脈外膜に存在する交感神経を焼灼することで交感神経活動を抑制し、降圧を期待する手技です。交感神経の過緊張が関与する病態にも有用であるとも言われており、心不全、糖尿病、不整脈などへの効果も期待されていました。

メドトロニック社という医療メーカーが、その専用の器具を開発し、3種類以上の降圧剤を使用しても、収縮期の血圧が160mmHg以上より下がらない、高血圧の患者さん153名を対象として、腎動脈デナベーションを行ない、ほぼ同じ血圧の低下が、3年間持続することが確認されました。

次に、より厳密に試験するため「偽治療」を行なうという手法を取り入れて、腎動脈デナベーション治療の効果を検証しました。(偽治療とは患者と家族に偽治療をすると伝えずに20分間カテーテルを入れたままにしておいて何も治療せずに外して、「治療しました」とウソを言う。)

半年後の診察室収縮期血圧は、デナベーション治療をした患者で平均14.13の低下、偽治療患者で平均11.74の低下で、 両者に有意な差は認められませんでした。この結果を受けて2014年の1月に、メドトロニック社は、臨床試験の中止する決定を下しました。

これは裏を返せば血圧は、心理的な影響で大きく変動する、という可能性を示唆しているということです!
「この治療で血圧は間違いなく安定します!」と言われて、仰々しいカテーテル治療を受けること自体が、プラセボ効果(偽薬の投与によってみられる治癒効果。薬物そのものの効能ではなく、投薬された安心感や医師への信頼などの心理作用によって症状が改善する状態をいう)で神経の緊張を緩めて血圧を安定させたようです。
「病は気から!」といわれますが、ホント、間違いないですね~(;一_一) 治験で証明されたようなもんですものね〜。私は今日から、自分に暗示かけようと思います!


にほんブログ村

ad2

-高血圧 最新治療