めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

体質改善(3)虚弱体質

2015/10/20

img543df751zik7zj
最近、まわりを見るとかなり細い女性が多いような気がします。「そんなに細い脚で大丈夫なの?」と、余計な心配をしてしまいますが。。。ということで、今日は虚弱体質について調べてみたいと思います。

虚弱体質といえば、ひ弱な子供のイメージが強いと思いますが、意外と大人になってから体質が変ってしまい、不快な症状に悩まさている人が増えているようです。実は西洋医学では「虚弱体質」という病名自体が存在していません。ですから熱や風邪といった症状に薬は出せても、虚弱体質の人に対する明確な治療法がないというのが現状です。虚弱体質である人は免疫力が低く、胃腸が弱いという共通した点が見受けられるのが特徴です。

疲れやすく、風邪をひきやすい人や、お腹が弱い人の事を虚弱体質と呼びます。虚弱体質の原因としては、病気が元となっている場合もあれば、ホルモンバランスの異常や、気持ちの問題であることなど様々です。虚弱体質を克服するには、食生活を見直してみることや、規則正しい生活をし、たまに軽い運動をすることで、改善することができます。漢方やサプリメントで虚弱体質を改善する事も可能ですが、体質が問題となっているので、簡単に虚弱体質が治るわけではありません。そのため、できるだけ疲労を溜めこまないようにすることで、他の病気を呼び込まないようにすることが大切です。

虚弱体質の原因はまだはっきりと解明されていませんがいくつか原因として挙げられるものがあります。

●食生活の乱れ
胃腸不良の原因の最も大きい原因として挙げられるのが、現代の食生活の乱れだといわれています。昔と比べると今は手間もかからず食べれるものも多く、ファストフードが増えたことで脂質が高く特に消化に悪いものが増えています。そして食生活以外にも大人になるにつれ運動不足の人が増えており、消化不良を起こしやすい状態になっているといえます。

●ホルモンバランスの乱れ
特に女性に多く見られる症状で疲れや睡眠不足など肉体的、精神的どちらからもくるもので、正常にホルモンが分泌されずに体内バランスが悪くなり様々な臓器が正常に機能しなくなってしまいます。

●遺伝からくるもの
両親共に虚弱体質でも病気知らずで体力が強く健康な子供に育つこともありますので一概には言えませんが、免疫力が低いことなどが遺伝するケースも可能性があると考えられます。

<虚弱体質を改善、克服するために気を付けること>

1.血行促進による皮膚の改善、克服
2.消化機能を高める胃腸の改善、克服
3.体をしっかり温めること

<虚弱体質を改善 - 食事>

虚弱体質は栄養不足が原因であることが多い、とされています。偏食が続いていたり、栄養バランスが取れていないと、虚弱体質になりやすく、なかなか改善されません。虚弱体質の方は食が細いという方も多いと思います。食べる量が少なければ、どうしても栄養不足になってしまいます。しかし栄養不足を解消するために、食欲がないのに無理してでも食べたほうがいいのかといえば、そんな事はありません。食欲がないのに無理して食べる量を増やしてしまったら、逆に体に悪いことになります。その場合は、食欲を増進し、滋養強壮効果があり、血液の流れを良くする栄養素を摂りましょう。

【食欲を増進する食べ物】
ショウガ・とうがらし・酢・にんにく・わさび・梅干しetc胃腸を刺激するもの
キャベツ・レタスetc胃腸の調子を整えるもの
ゆず・ミツバ・にんにくetc食欲増進する香りのするもの

【滋養強壮効果のある食べ物】
山芋・にんにく・ハトムギ・高麗人参・すっぽんetc

【血液の流れを良くする食べ物】
さば・いわしなどの青魚
にんにく・玉ねぎ・長ネギなどのネギ類
ショウガ・とうがらし・酢など、その他多数
(体を温めるものは基本的に血流を良くする作用があります)

下記が滋養強壮効果や、体バランスを正常に整える効果のある食べ物です。
●ヨーグルト
腸内環境を整えることで、代謝が良くなり体全体のめぐりがスムーズになります。ヨーグルトには乳酸菌などの善玉菌がたっぷりと入っているので、不要なものをキレイにデトックスできたり、軟便や下痢を起こさない強い腸内環境づくりに役立ちます。

●山芋
高い滋養強壮効果があるので、疲労回復を早めたり免疫力をアップさせることができます。また。食物酵素をたっぷりと含んでいるため、消化を助けるため胃腸の不調を解消することもできます。

●生姜
生姜を体を温めるため、血液循環が良くなります。そのため、酸素や栄養がしっかりと届くエネルギーがみなぎる体を目指せます。

●梅干し
梅干しに含まれるクエン酸の効果で食欲が増してきます。さらに疲労回復作用もあるので、疲れが気になる時のおやつとしても重宝します。

*逆に避けた方が良い食事内容は、白砂糖をたっぷり含んだお菓子やジュース、アルコール、コーヒーや緑茶、生野菜、果物です。これらは体を冷やしてしまう食材なので、虚弱体質をより悪化させることになります。

<虚弱体質を改善 - 運動>
虚弱体質の人は無理がきかない体だと自分で判断し、運動を避ける傾向にあります。ですが、運動を習慣化することで基礎体力をつけることができます。まずは無理のない範囲でできる運動から始めてましょう。

●ウォーキング
ウォーキングと言っても散歩する感覚程度で十分効果があります。基礎体力をアップさせるには、下半身を強くすることが重要なポイント。ウォーキングは足腰が鍛えられるだけでなく適度な有酸素運動になるので、呼吸器系の不調も改善できます。

●サイクリング
歩くことすら辛いと感じる人におすすめなのが、サイクリングです。ウォーキングやジョギングに比べて疲れを感じずらいというメリットがあるだけでなく、足腰に負担もかからないため、元々筋肉が少ない人に向いています。サイクリングをすると下半身が鍛えられますが、下半身こそ体温の調節に関係している部分なので、虚弱体質の人に多い低体温も改善することができます。

<虚弱体質を改善 - 貧血も解消できるマッサージ>

虚弱体質の人の多くは、座った状態から立ち上がるとクラクラとめまいがするという貧血症状のある方も多いと思います。血液を作り出す源である鉄分を多く含む食材をたっぷり摂るのも重要ですが、実はマッサージをするだけでも血液循環をスムーズにすることができます。また、マッサージは血液とリンパの流れを正常な状態にできるため、体が本来持っている自然治癒力を高めることができ、風邪の引きにくい体も作りだせます。

<虚弱体質を改善 - ビタミン>
ビタミンの中でもビタミンAとCは虚弱体質にありがちな免疫や抵抗力の低下を抑制する働きがあります。ビタミンAは、皮膚や粘膜を正常な状態に保つ働きがあります。皮膚や粘膜が強くなることでウィルスの侵入の抑制や撃退などがちゃんと行われるようになり、外的異物に負けない体になります。

●ビタミンAを豊富に含む食材
にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、トマト、小松菜などの緑黄色野菜全般

また、ビタミンCは白血球を活性化させる働きがあるのですが、これもウィルスが入ってきた時に撃退し感染しにくくなります。

●ビタミンCを豊富に含む食材
赤・黄パプリカ、じゃがいも、カリフラワー、柿、イチゴ、キウイなど

・・・ということです。虚弱体質の改善にどんなに漢方薬を使ったところで、筋肉量が増えない限り、体温上昇もグリコーゲン貯蔵量もアップすることは難しいということです。少しづつでも筋力をつけて血流をよくしていきましょう。

<追記 : 滋養強壮・虚弱体質改善に、くるみが良い!>

くるみ(胡桃)はαリノレン酸の悪玉コレステロールを減らす効果がよく知られていますが、くるみの元来の効能と言えば滋養強壮としての効果です。漢方ではくるみのことを「助陽薬」と呼び、陽気(元気)の衰えを回復する食材として重宝されてきました。古代ギリシャやローマでは、クルミを食べると非常に元気になることから催淫作用があると言われていました。

くるみの果実は発芽に必要なエネルギーを貯めているので、ビタミン、ミネラル、植物性たんぱく質など多種に渡る栄養素がバランスよく含まれています。また、くるみに多く含まれるビタミンB1はブドウ糖代謝を促進するので元気の元であるエネルギーを生産しやすくします。さらに、αリノレン酸やリノール酸が血行を良くすることにより栄養が体全体に届きやすくなります。そして、トリプトファンなどの神経系に作用する成分が、精神の疲れを軽減したりするなど栄養価の高さ意外にもクルミには滋養強壮・虚弱体質改善効果があります。

その他にもくるみに含まれるビタミンEやポリフェノール類、カロテノイド類などの抗酸化物質が活性酸素を除去することにより、体の酸化による疲労や体力の衰えを防ぐことや、トリプトファンがメラトニンに変換されることにより免疫力の強化も期待できます。このようにくるみは栄養価の高さ以外にも滋養強壮・虚弱体質改善を期待できる要素が沢山あります。加えてくるみは消化吸収が良いので、特に子供やお年寄り、そして病後の体力回復に適していると言われます。


にほんブログ村

ad2

-6.体質改善