めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

魔法の果実!? サージ(シーベリー)

2016/07/11

 

夏バテ解消食材を探していたんですが、「サージ(シーベリー)」が良いですよと、先日コメントをいただきました。早速、調べてみたんですが、凄い食材でした。北海道産の国産があるということだったので早速トライです!

 

<サージとは?>

サージとは、サジーやシーベリーともいわれるグミ科ヒッポファエ属の植物で、トゲのあるオレンジ色の植物の果実です。サージはユーラシア原産で、ユーラシア大陸中央部から中国、ヨーロッパの広範囲の高山や砂漠などに自生しています。-40℃から40℃までの寒暖の差が激しい地域に生息できるほど、強い生命力を持っています。

サージの果実は、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、不飽和脂肪酸などが豊富で、200種類以上もの栄養素が含まれています。ミネラルにはカルシウムや鉄、亜鉛、カリウムなどを含み、ビタミンではビタミンB群やビタミンC、ビタミンEなどを含んでいます。必須アミノ酸をはじめとするアミノ酸や、果実には珍しい不飽和脂肪酸も含まれているほか、フラボノイドなどのポリフェノールも含まれています。

サージの葉にも、ビタミンCやミネラル、たんぱく質、脂質、食物繊維、アミノ酸などの豊富な栄養素が含まれており、健康茶などもあります。
フィンランドでは古くからジャムや果実酒などで食用にされており、ソ連や東ドイツでは栽培品種の改良が盛んに行われています。酸味と渋味が強いためそのまま食べることは少なく、冷凍して渋味を弱めたり、他の果物とともにミックスジュースにしたり、パイ、ジャムや果実酒の材料にすることが多いということです。

<サジーに含まれる主な栄養素>

・ビタミンC :【レモンの9倍】美容に効果大
・亜鉛 :【いちごの3.8倍】美肌、抜け毛などにも効果あり
・鉄分 :【プルーンの38倍】貧血に効果あり
・ビタミンE :【ほうれん草の4倍】強い抗酸化力効果あり
・βカロテン :【プルーンの2倍】
・アミノ酸 :【米酢の6倍】体を作るたんぱく質の素
・アスパラギン酸 :【米酢の65倍】
・リンゴ酸 :【りんごの8倍】

<サージの健康に役立つ効果>

●生活習慣病を予防する
サージには、ポリフェノールの一種であるフラボノイドや、SOD酵素が豊富に含まれています。フラボノイドには、体内の活性酸素を除去する抗酸化作用があり、SOD酵素とは、強力な抗酸化力を持つ酵素の一種です。SOD酵素は、活性酸素を除去することにより、動脈硬化を予防する、高血圧症を改善、糖尿病の予防・改善、細胞の健康を維持などが期待できるということです。

●疲労回復
サージに含まれるアミノ酸は9種類ある必須アミノ酸のほとんどを含んでおり、さらに非必須アミノ酸であるアスパラギン酸を多く含んでいます。アスパラギン酸は、エネルギーをつくり出すクエン酸回路という過程に関わり、効率良くエネルギーをつくり出すサポさらに、サジーには、身体の疲れを取る効果があると言われているリンゴ酸を含んでいますートをしています。この働きにより、疲労物質である乳酸の生成を抑制し、疲労回復やスタミナを維持するといわれています。

●血流を改善する
サージは不飽和脂肪酸である、α-リノレン酸やリノール酸を含んでいます。α-リノレン酸は、体内に入るとDHAやEPAに変換され、悪玉 (LDL)コレステロールを減らし、リノール酸は抗酸化力を持っており、過酸化脂質の生成を防ぎます。これらの働きにより、サージには血液をサラサラにし、冷え性を改善したり、動脈硬化や心筋梗塞を防いだり、脳の働きを高めたりするなどの効果が期待できるといわれています。またサージは、食後の血糖値上昇を抑制するはたらきを持つことも報告されており、糖尿病予防も期待されています。

●貧血を予防する
サジーには、プルーンの37.5倍もの鉄分が含まれています。鉄は、肺で取り込んだ酸素を全身の細胞や組織に運ぶヘモグロビンの構成成分となり、重要な役割をしています。酸素が不足すると、細胞は様々な代謝をスムーズに行うことができず、疲れやすくなったり免疫力が低下し、貧血が起こるため、鉄は貧血を予防するために非常に重要な栄養素です。

●便秘改善
サジーには、腸の動きを活発にするリンゴ酸や、腸内環境を整える働きのあるビタミンCが多く含まれています。

●美肌効果
サジーには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれているのはもちろんのこと、不飽和脂肪酸が含まれていることから、抗酸化作用が強いと言われています。

 

・・ということです。夏バテ解消というと焼肉やガッツリ系が思い浮かぶと思いますが、意外に夏は胃が疲れているので、胃に負担をかける食事は逆効果にもなるということです。体調に気を付けながら、暑い夏を乗り切っていきましょう~!

 

にほんブログ村

ad2

-10.Others