めがね食堂 ruokala silmälasit

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

やる気が出ない原因はこれ!(食材と栄養)

2016/06/09

zenryu250

ムクナ豆(八升豆)

昨夜の娘の言葉…「最近、やる気がおきないのよねぇ」。
OMG~! 受験生の娘に、そんなことを言わせてはいけないと
早速、やる気スイッチに役立つ栄養成分を調べる。
おぉ~、もしや原因はこれかも?と気が付いたのが豆乳。
以前は高血圧改善のため、豆乳鍋やらやらと、1年ほど多用していたが、
とうとう飽きてしまった。今もちょこちょことは使用しているが、以前ほどではない。
。。。調べると、やはりやる気を起こす食材に大豆があった。
これだなっ。思考や感情も、口に入れるものに影響されると自覚していたのに。。。
受験生の健康管理、大事だわ。。。
今晩は久しぶりに豆乳鍋にしよう。。。

 

「やる気」を左右する脳内物質

「やる気」は人間の脳内のセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンといった神経伝達物質によって左右されます。これらが十分に分泌されることによって、精神的・肉体的な活力を与えます。

●ドーパミン
ドーパミンは脳を覚醒させ、集中力を高めたり、ストレスの解消や楽しさ心地よさといった感情を生み出す働きをもっています。
【不足すると】物事の関心が薄らぐなどの精神機能の低下、運動機能の低下、パーキンソン病を引き起こす可能性があります。
【過剰になると】ドーパミンが過剰に放出されると統合失調症、トゥレット症候群、過食を引き起こすと考えられています。

●セロトニン
セロトニンは他の神経伝達物質であるドーパミン、ノルアドレナリンなどの情報をコントロールし精神を安定させる作用があり ます。
【不足すると】うつ状態やパニック発作、摂食障害などを引き起こしやすくなります。
【過剰になると】抗うつ薬は副作用としてまれにセロトニン症候群を引き起こします。

●ノルアドレナリン
強い覚醒力で人間の意識を維持する。
【不足すると】無気力、無関心、意欲の低下、うつ病の原因となります
【過剰になると】躁状態をひきおこします。またノルアドレナリンは血圧、血糖をあげる作用があるため高血圧、糖尿病の要因になる可能性もあるということです。

 

<脳の活性化に役立つ栄養素>

●たんぱく質(アミノ酸): 脳の細胞を作る栄養素
●ビタミンE : 脳の活性酸素を除去する
●DHAとEPA、ビタミン群(B1・B6・B12)、葉酸 : 脳の機能を高める栄養素
●アラキドン酸 : 脳の学習、記憶力、認知力を高めてくれる栄養素
●糖質、デンプン・ブドウ糖、炭水化物 : 脳のガソリンの役目をする栄養素,集中力注意力などを維持しやすくする,神経の伝達をスムーズにする栄養素

 

<脳を活性化する食材>

●大豆食品(大豆、豆腐、納豆、おからなど)
大豆には、レシチンやチロシンという栄養素が含まれています。レシチンは、脳を活性化する働きがあり、チロシンにはノルアドレナリンやドーパミンの分泌を高める作用があります。

●発芽玄米
セロトニンは、トリプトファンというアミノ酸から生成される際に、ごはんやパンなどの穀類の主成分である炭水化物を必要とします。穀類の中でも、発芽玄米はギャバというアミノ酸を含んでおり、高血圧を改善する作用などで注目されています。

●魚
DHAが増えるとアセチルコリンなどの神経伝達物質が活性化されるので、記憶力や理解力などが向上します。DHAはほとんどの魚の脂肪(脂)に含まれていますが、とくに豊富なのはイワシやサバなどの青魚、鮭、まぐろに多く含まれています。

●セロリ
セロリの独特の香りは、アピインやセネリンという成分で、ストレス解消、神経鎮痛、疲労回復、不眠症などを緩和する働きがあります。また、含硫アミノ酸の一種であるメチオニンという成分も含まれ、この成分は抑うつ症状を改善する効果があるといわれています。

 

<追記:ムクナ豆>
ムクナ豆は、天然成分としてLドーパを含む大変珍しい豆です。 人は、一般の食物に含まれるアミノ酸チロシンや必須アミノ酸フェニルアラニンを素にして体内でLドーパを合成するのですが、このムクナ豆があれば食物から直接にLドーパを補強することが可能です。ムクナ豆にはLドーパが多く含まれているので、これを食べることでLドーパが腸から吸収されて血流に乗って脳に届きます。脳内では中脳の黒質細胞がこれを受取りドーパミンに変えます。生成されたドーパミンは神経伝達物質として大脳の指令を筋肉に伝えます。
(*Lドーパとは、神経伝達物質であるドーパミンの材料のことです。自然界で産生され、ある種の食物や薬草に含まれます。)

・・・ということです。どうやら娘は、ドーパミン不足による「やる気低下」なようですね。実は私もむずむず症候群が出ていたので、間違いないでしょう。食事は、偏ることなく栄養をまんべんなく摂ることが大事だということですね。日々の食事、見直し必要ですね。。。
にほんブログ村 病気ブログ 高血圧症へ
にほんブログ村

ad2

-10.Others, やる気を出す