めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

首、冷えていませんか?(首を温め不調を改善)

2016/05/13

image (7)

最近、頭痛が頻繁にあるので「なぜ?」と思い、ふと首の後ろを触るとヒンヤリ。。。原因はこれか!? 気温も上がってきたので薄着で油断しましたね。早速、仕事中もストールで首を温めたら頭痛はなくなり。。。ということで、今日は首の冷えについて調べてみたいと思います。

<首が冷えるとどうなる?>

首が冷えると、首の筋肉が収縮して血行が悪くなります。その結果、首回りに疲労物質が蓄積されて痛みが走ったり、頭痛や片頭痛が引き起こされる可能性があります。首回りが緊張すると、肩や肩甲骨の辺りまで影響を及ぼすことがあり、肩こりが発生することもあります。また、首は他の部位よりも皮膚に近いところに大動脈が走っているため、冷たい風などで血液が冷えやすい部分でもあり、首が冷えることで全身の体温が急激に冷えることもあります。

<首の冷えからくる不調>

●肩こり
首を冷やすと背中や肩の血管が細くなるために首こりや肩こりの原因になります。細くなった血管は栄養や酸素が十分に行き渡らず、筋肉を硬くし、血管中の老廃物が流れなくなるために強い痛みを感じることもあります。このような肩こりを防ぐためには肩甲骨を大きく動かす運動や肩や二の腕を冷やさない服装が有効です。

●頭痛
冷えによって血行が悪化することで、頭痛が生じる場合があります。これは、首の後ろに存在する僧帽筋と呼ばれる筋肉に、酸素や栄養が運搬されなくなることで生じる頭痛とされています。冷え性が原因の血行不良に加えて、血管や神経の圧迫が起こると緊張性頭痛という病気が引き起こされることがあります。

●自律神経失調症
この原因として最近注目されているのが首の冷えやこりです。首が冷えることで脳に十分な血液、酸素など栄養が届かず、さらに首のこりにより神経が圧迫され体と脳の間の必要な情報のやりとりができなくなっていると言われています。

●全身のだるさ
首の冷えは全身のだるさの原因にもなります。 理由のない全身のだるさが取れない場合には首周りをマッサージしたり、首を温めることで改善することがあります。

●睡眠障害
首が冷えている人は、寝付きが悪くなったり(入眠障害、不眠)、睡眠中に目が覚めてしまったり(中途覚醒、睡眠維持困難)、あるいは睡眠時間がズレたり(位相後退、位相前進)、定期的な睡眠が取れない(概日リズム障害)など、あらゆる睡眠障害の原因になります。

<自分でできるあたため方>

●ストレッチ
寒い時期または冷房等で冷えたときは、首周辺の筋肉が緊張し、血流が悪くなりがちです。だるさや疲れ、コリを感じた時は、軽く首のストレッチをしてみましょう。首はデリケートな部位なので、激しく動かしたり力を入れ過ぎないようにしましょう。

●ツボ刺激
以下二つは首の代表的なツボ。親指をあてて頭の重さで刺激します。強い力で押さえすぎないよう気をつけましょう。
【天柱】
首の後ろ側にあるツボ。髪の生え際、頚部中央のくぼみの両脇に太い筋があります。その筋の外側のくぼみにあるツボ。
【風池】
天柱より外側にあるツボ。髪の生え際。

●蒸しタオルであたためる
首の冷えに効果的なのが"蒸しタオル"。蒸しタオル"は、濡らしてしぼったタオルをビニール袋に入れ、電子レンジであたためたもの。

●洗髪後には髪が首に触れないようにする
洗髪後、濡れた髪が首を冷やすことがあります。手早く乾かすか、ターバンなどを使って濡れ髪が首にあたらないようにするようにしましょう。

●外出時の服装に気をつける
冬場の外気や冷房にさらされると、首の筋肉は寒さから緊張し、コリや頭痛の種になりがち。首周りを守る小物を身につけて外気が直接あたらない工夫が必要です。また、締め付けすぎるとそれが原因で血行が悪くなったり、息苦しさを感じることがあるので注意しましょう。

 

・・・ということです。
首をあたためると緊張がほぐれて気持ちよくなりますが、あたためすぎるとのぼせてしまうので、ほどほどがいいですね(*^^)


にほんブログ村

ad2

-10.Others, 9. 動脈硬化・血液サラサラ