めがね食堂 ruokala silmälasit

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

本当はどうなの?「砂糖有害論」 -(1)砂糖の種類・精製法・効能

今日こそ、「砂糖断ち」について調べようと思いましたが、砂糖の種類をみてみると・・・
種類が多すぎて、今日は「砂糖断ち」まで、たどり着けそうにありません。。。
・・・ということで、今日は砂糖の種類と精製法について調べてみたいと思います。
<砂糖の原料と種類>

砂糖といっても色々な種類があり原料なども様々です。

● サトウキビ(Sugar cane)--- 黒砂糖・白ざら糖・中ざら糖・グラニュー糖・上白糖・中白糖・三温糖など

● 甜菜(Sugar beet) --- 甜菜糖

● カエデの木(Maple tree)--- メープルシロップ

● ナツメヤシ(Date palms)--- パームシュガー

● モロコシキビ(Sorghum cane ) ---ソルガム
「砂糖」の原料として一般的に認識されているサトウキビから作る砂糖の製造方法を簡単に説明すると...
まず原料のサトウキビを搾って、不純物を石灰などで沈殿させ、上澄み液を煮詰めたり、真空状態で濃縮して水分を除去しただけものが「黒砂糖」になります。黒砂糖は「含蜜糖」といって、まだ精白されていない砂糖です。サトウキビに含まれているビタミンやミネラルを含みます。

「白砂糖」の作り方ですが、まず黒砂糖と同様にサトウキビを搾って、煮詰めたり不純物を取り除いたりして「白下糖」を作ります。それを遠心分離機にかけて結晶と糖蜜を分離して「粗糖」を作ります。(固形物と液体に分離する)「粗糖」はいわゆる「白砂糖」の原料で砂糖の原料を輸入する場合はこの「粗糖」を輸入しているのです。(サトウキビを輸入するのではありません。)ちなみに、日本で使用される砂糖の約2/3は海外から輸入されています。

「粗糖」を温水に溶かしたり、遠心分離機にかけたりして不純物(ビタミンやミネラルなどの栄養素)を取り除き、糖質の純度を上げて精白・精製していきます。精製されていく過程の中で、結晶粒の大きさなどによって「ザラメ糖」「車糖」などが作られます。(ザラメ糖には「白ざら糖」「中ざら糖」「グラニュー糖」。車糖には「上白糖」「三温糖」などがあります。)「粗糖」を原料に精製されて作られた砂糖(精製糖)が「白砂糖」になります。三温糖などは白くないですが、上白糖の精製過程で出る一部カラメル化したものを含む「精製糖」です。色は黒砂糖っぽくナチュラルな感じがしますが、色を均一にするためにカラメルなどで着色していることが多く、栄養的には他の白砂糖とほとんど同じです。

白砂糖の精製度の高いものは糖質が99.8%にも達して、本来サトウキビに含まれていた他の栄養素を可能な限り排除しているので、栄養の無いカロリーだけの食品となります。

99d40507

<砂糖の効能>

①白砂糖
肺を潤し咳を止め痰を切り口内炎、膀胱炎、尿道炎、頻尿、血尿等炎症を抑える働きがあります。

②黒砂糖
胃を温め痛みを止め腫れを抑え、造血、活血、養血の働きがあります。

③氷砂糖
氣を補い解毒作用があります。
また、指を傷つけた時には砂糖を傷口に塗ると出血が収まるそうです。速やかに止血して化膿を抑える事が出来るということです。これは塩の方も効果はあるそうですが、傷口がしみるので砂糖の方が安心で効果的なのだそうです。実は砂糖は傷薬として蜂蜜と共に古くから使われた歴史があります。砂糖は切り傷だけではなく、打ち身等にも有効だそうで、打った所に砂糖を水で薄めたものを塗ると打ち身の腫れがひいてくるそうです。
<ミネラル成分を含む砂糖>

黒砂糖
黒砂糖は、ビタミンB1、B2、ミネラルやカルシウムを豊富に含んでいます。また、黒い部分に含まれるフェニルグルコシドが糖の吸収を抑制する働きがあるといわれ、白砂糖に比べて血糖値の上昇がゆるやかで腹もちがいいことから、ダイエットにつながる砂糖として人気があります。
コクと苦みのある味わいが特徴の黒砂糖ですが、この独特な風味が邪魔する場合もあるので、使う用途が限られます。料理では、豚の角煮、煮魚、根野菜の煮物など、しっかりとした味付けにしたいときに使われることが多いです。お菓子では、クッキーやシフォンケーキなど、黒糖の風味を前面に出したものも合います。

きび砂糖
きび砂糖は精製途中の砂糖液を、そのまま煮詰めて作ったものです。そのためカルシウムやナトリウムなどミネラルが活きているため、さとうきび本来の風味が味わえます。クセがないので黒砂糖よりも使いやすく、料理やお菓子など白砂糖と同様に使うことができます。特に、魚料理に使うと、魚の臭みを抑えながらコクのある味に仕上がります。

てんさい糖
砂糖の原料といえばサトウキビが有名ですが、もう1つサトウダイコン(てん菜)というものがあります。そこから作られたのが「てんさい糖」です。てんさい糖は、オリゴ糖を多く含むことから腸の働きを活発にする砂糖として注目が集まっています。
また、サトウキビ原料の砂糖と違い、ゆっくりと消化されるため血糖値が急激に上下することがないのが特徴です。身体を冷やすといわれる砂糖のなかで、てんさい糖は身体を温める砂糖''としても有名です。
どんな料理にも合いますが、やさしい甘みなので、あっさりと上品に仕上げたい料理にピッタリです。もちろん、お菓子にも使えます。
・・・ということです。

ここまで調べると、「塩」と同じで、精製され過ぎないものなら、それほどカラダに悪いものではないように思えますが? 精製され過ぎてしまったものは、薬と同じで、自然界に存在しないものになってしまうから、体に悪いものになってしまうんですかねぇ。それでは、明日は、砂糖の害について調べて行きたいと思います。

ad2

-砂糖有害論