めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

エコノミークラス症候群(深部静脈血栓症/肺塞栓症)の予防

2016/04/20

くまもん1

先日の震災から数日が経ちました。車中泊されている人も多いせいか、エコノミークラス症候群で病院に搬送される方が増えているということなので、今日は、エコノミークラス症候群(深部静脈血栓症/肺塞栓症)について調べてみたいと思います。

<深部静脈血栓症/肺塞栓症とは?>

動脈を通って下肢に送られた血液は静脈を通って心臓に帰ってきます。下腿の深部静脈はふくらはぎの筋肉の間を通っているため、ふくらはぎの筋肉が動くとそれに伴って押し上げられて上に流れます。この働きを筋肉ポンプといいます。(心臓が血液を吸い上げてくれるわけではありません。)

長時間座って足を下垂したままで足の運動を行わないと、筋肉ポンプが機能しないため、足にある血液は上方に押し上げる力が加わらず、足に停滞します。そうすると、静脈から周囲に水分がにじみだし、足のむくみを生じます。普通は静脈の血管の中では血液は固まらないように調節されています。しかし、静脈の壁が傷つく、血液の固まる能力が高まる、動かないあるいは動けないことなどによって血流が滞ると、血管の中で血液は固まり始めます。これが深部静脈血栓症です。小さなうちは症状は出ませんが、下肢の静脈の中に発生しやすく、大きくなると足が腫れる、痛む、熱を持つ、赤くなる、表面の血管が浮く、押さえたり歩くと痛みが出る、などします。そして歩き始めた時に、その血栓が上方に血液とともに押し上げられて肺に飛んでしまうことがあります。これをエコノミークラス症候群といいます。

<血栓症の症状とは?>

●足の痛み・むくみ・腫れ・赤み
深部静脈血栓症は、炎症が起きにくいため、痛みなどが起きにくいといわれています。発症者の半数が無症状で、血栓が肺へと移動し、肺塞栓症が併発することで異常を感じることがあります。太い静脈の血管が血栓によって塞がれてしまうと、太ももやふくらはぎ、足首など、血栓が出来た箇所に痛みや腫れ、赤みなどが現れることがあります。静脈の弁が損傷を受けると、体液が溜まりやすくなり、足首にむくみが起きることもあるということです。

●かゆみ・変色・肥大
深部静脈血栓症が末期になると、慢性深部静脈不全が発症し、足の深部静脈や連結静脈の弁が正常に機能しなくなるといわれています。足から心臓に血液を送ることができなくなるため、損傷した静脈が完全に塞がれてしまうようになります。足がいつもむくみやすくなり、夜になると足首の内側の皮膚がかゆくなったり、赤みを帯びた茶色に変色することもあるということです。

●呼吸困難
深部静脈血栓症から肺塞栓症が併発した場合、小さい血栓の場合には、症状を感じずに気づかないことがあります。しかし、ある程度の血栓の大きさになると、肺動脈を塞いでしまい、呼吸困難を起こすことがあります。

●失神・ショックによる発作
肺塞栓症によって、血管に詰まった血栓が非常に大きいと、肺動脈を塞がれることで、完全に血液が流れなくなります。完全に塞がれてしまうと、窒息状態が悪化し、呼吸困難から失神やショックによる発作が起きてしまいます。発作が起きると、不安感・動悸・冷や汗などさまざまな症状が現れることがあります。特に、肺血栓塞栓症を発症した患者の半数が胸の痛みを感じ、10%〜30%が失神を経験しているといわれています。ひどい場合には、心臓が停止する危険な事態や、ショックによって血液の循環が保てなくなることもあるということです。

<深部静脈血栓症/肺塞栓症が起こりやすい人は?>

(1)高齢者
(2)下肢静脈瘤
(3)下肢の手術
(4)骨折等のけが
(5)悪性腫瘍(がん)
(6)過去に深部静脈血栓症、心筋梗塞、脳梗塞等を起こした事がある
(7)肥満
(8)経口避妊薬(ピル)を使用
(9)妊娠中または出産直後
(10)生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症等)がある方

<血栓症の予防法>

1.長時間同じ姿勢でいないようにする
狭い空間で窮屈な姿勢をずっとしていると、血液が十分に循環しなくなり、エコノミークラス症候群などが発症しやすくなります。飛行機や新幹線などの車内では、同じ姿勢を長時間しないように、時々トイレに行ったり、歩くようにしましょう。

2.足を動かして適度に運動をする
血液の流れを良くするには、適度に足を運動させることも大切です。足首や足の指だけでもこまめに動かすと血液も流れるようになりますし、座ったままの状態でも、1時間に1回程度、かかとを上げ下げする運動をするといいでしょう。

3.水分を補給する
長時間同じ姿勢で座っている時などは十分な水分を摂ることも大事です。飛行機などでは、アルコールやコーヒーなどを飲んでしまいがちですが、脱水症状を引き起こす危険性もあるので、なるべく控えるようにしましょう。

・・・ということです。2年前の私は(血圧が200以上あった頃)、夕方になると会社でふくらはぎが痒くなり「??」と思っていました。デスクワークで座りっぱなしなのでむくんでいるのかなと思いましたが、脚のむくみは「ベイマックス?」って感じでした。むくみ解消のカリウム系のサプリを飲むようになりましたが、やはり麺棒マッサージが一番効果があったように思います。GWに長距離で出かけられる方も長時間座ったままにならないように、気を付けてくださいね。


にほんブログ村

ad2

-10.Others, 災害時の対応