めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

血圧の下が高い原因と改善方法!

最近、血圧の下の数値が高いんですが、原因はどうしてなのか?今日は、下の血圧が上がる原因と改善方法について調べてみたいと思います。

血管は血液を送る時に収縮と膨張を繰り返していて、収縮の最大値が血圧の「上」の数字で、膨張の最大値が血圧の「下」の数字になります。「下が高い」というのは、心臓が血液を送り出してそれを戻している時に、血管が受ける圧力が高いということを表します。つまり、心臓が圧力をかけていないのに、血管内の圧力が高い状態ということです。

上が高いというのは、心臓が血液を送りにくいということで、血液が流れにくいために心臓が普通より頑張って動いています。つまり、血液がドロドロの状態なので、上の血圧は血液の質を表しているのです。それに対し下の血圧は、心臓が血液を送っていないときの血圧を表しています。つまり下の血圧は血管のつまりを表しているのです。これをそのままにしておくと、動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳卒中、脳梗塞などの病気を引き起こす可能性があります

高血圧が進行すると、まず下の血圧から高くなり上との脈圧が狭まる傾向が見られます。下の血圧が上がるのは、血液の粘度が高くなり抹消血管の圧力が高まることが理由とされていますが、なぜ下の血圧から上がり始めるのかは明確に立証されていないようです。

<下の血圧が高い原因>

●運動不足
運動をして体を鍛えると筋肉が強くなるように、 血管も強くなります。 反対に運動をしていないと、血管は弱っていきます。軽い有酸素運動(ウォーキングや体操、水泳など)を行いましょう。筋トレなどの強い負荷がかかる運動は逆効果になることもありますので注意してください。

●血糖値が高い
甘いものが大好きな人、糖尿病を患っている人、早食いの人、膵臓の弱い人。このような方は血液中の血糖値が高い方が多いです。血糖値が高いと血液中の糖分は血管のコラーゲンと結びつき、AGEという水飴のような氷砂糖のような物質に変わります。これが血管の弾力性を失わせ、血管がボロボロになってしまいます。

●睡眠不足
睡眠不足になると、心臓が普段以上に頑張ろうとして血圧(上下)を高くしてしまいます。

●脂質の摂り過ぎ
脂質が多くなると血管の内側にこびりつき、血管を詰まらせて血流を阻害します。

●喫煙
タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させ血圧を上昇させる効果があります。末梢血管も収縮させるため、血管の抵抗が非常に強くなり下の血圧が高くなります。

<改善策>
血圧の下が高いと診断されるのは、90以上です。血圧の下が高い原因は、末梢循環(血液の流れ)が悪い又は血管が硬く(動脈硬化)なっている可能性が考えられます。

●末梢循環を良くする
身体を冷やさない事が大切です。特に冬場は血圧が上がりますので、防寒に気を付けて下さい。

●動脈硬化を改善する
コレステロールを下げる食事をする事と軽い運動をする事です。コレステロールを下げるためには、脂質を控える事と青魚(DHA)を積極的に食べる事です。

●睡眠不足改を善する
基本的に睡眠不足は一日6時間以上とることで一番のベストですが、毎日2~3時間だと睡眠中における血流の流れがうまく進まないうちに、起きている状態で仕事などをしていると動脈硬化の要因の一つとなり、血圧の下が高くなります。

●運動不足改善する
有酸素運動によって筋肉のすみずみに酸素を行き渡らせることによって血圧が下ったり、血液の流れがよくなり血栓が溶けやすくする効果が期待されています。高血圧予防の運動は有酸素運動が適しており、これらはウォーキング、ジョギング、水泳などがあります。(疲れ果ててしまうような運動量ではマイナスとなりますので注意してください。)

<img src="http://livedoor.blogimg.jp/shiz0524/imgs/b/c/bcc2e23e.gif" width="480" height="272" border="0" alt="BFE7CCB2C9D4C2ADA1A2B2E1CFAB-01" hspace="5" class="pict"  /><br />

血圧の下が高いのを下げるのは難しいとされていますが、生活改善すれば必ず下がりますのであきらめずに頑張りましょう。

・・・ということです。血圧というのは、とても繊細ですねぇ。食事や生活習慣の微妙なバランスで、すぐに上下するんですね。「繊細」、私には苦手なテーマですが、少しづつ克服していきたいと思います!

ad2

-1.高血圧