めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

風邪予防には「足を温める」

2016/11/28

 

今日は風邪予防について色々と調べていたんですが、フライブルグ医大で自然治癒を専門とするローマン・フーバー博士による研究によると、風邪をひくときは「1、喉が痛くなり、2、鼻水が出るようになり、3、咳が出はじめる」というプロセスをふむということです。そして、風邪をひかないようするには...

●足を冷やさない
フーバー博士の研究結果によると、足が冷たいということは、手や足の血管を収縮させるだけでなく、反射神経や鼻やのどにまで影響を及ぼすということで、足が冷えやすい人は風邪をひきやすのだそうです。

●適度な運動
定期的にスポーツをする人は、しない人にくらべて風邪をひく確率が半分だったという研究結果があるそうです。

●ストレスをため込まない

・・・ということだそうです。ということで、今日は風邪予防のために「足を温める」について調べてみたいと思います。

 

<足を温める:期待される健康効果>

●血流がよくなる
血液は心臓から全身へ送られます。ふくらはぎは第2の心臓ともいわれ、足先から上がってきた血液を心臓へ送る役割を果たしています。足首が冷えていると足先まで温かい血液が届きにくく、血流が悪くなり、冷え性などになってしまいます。

●むくみの解消
足首を温めることで溜まっていた水分や血液が流れてリンパの流れも促進され、むくみや下半身太りの解消につながります。

その他、生理痛や婦人科系疾患などの改善などetc...

 

<足の暖め方>

●レッグウォーマーで温める
足首の周りには脂肪が少ないため冷えやすく、足首が冷えると足先の血行が悪くなり、足の冷えを感じます。レッグウォーマーを使い、ふくらはぎや足首まわりを温める事でリンパや血液の巡りが良くなります。(靴下を履いて寝た場合、熱がこもってうまく放熱できなかったり、汗をかくことで放熱すべき足元の温度を下げてしまい熱を逃がしにくくなってしまいますので、就寝時に使用する際は、締め付けすぎないレッグウォーマーがおすすめです。)

●マッサージや適度な運動
足先の冷えは、血流を改善すれば解消されやすくなります。また、ヨガやウォーキング、ストレッチなどの運動をすることでも血行が促進され、足先の冷えを改善できます。

●5本指ソックス
足先の冷えの原因は、足指の間の汗であることも考えられます。5本指ソックスをはくことで足指間の汗を吸収することができ、足の指先の冷えを防ぐことができます。

●食事で内側から温める
食べ物にもからだを冷やす食べ物と温めてくれる食べ物とがあります。からだを冷やす食べ物を控えて、からだを温める食べ物を多く取り入れましょう。【からだを温める食材 :玄米、豆類、にんじん、レンコンなどの根菜類、発酵食品、玉葱、長葱、とうがらし、ニンニクなど】

●足裏の角質ケアをする
角質が厚くなると血流が滞って冷えにつながるということです。足の血行は歩行時などに足裏から受ける刺激にふくらはぎが反応し、収縮・弛緩を繰り返すことで効率的になされますが、足裏からの刺激が角質により吸収されてしまうと、ふくらはぎの収縮・弛緩が大幅に減少してしまうということです。

・・・ということです。足裏の角質ケアは意外なポイントでしたね。足を温めて風邪予防。今日からトライです!

 

 

参考
・http://www.skincare-univ.com/article/000285/
・https://welq.jp/59689
・http://hadalove.jp/ashikubi_tsubo-12835
・http://www.lifehacker.jp/2014/10/141005_cold.html
・http://hzare.com/hie-47.html
・http://www.hiesyo-kaizen.com/parts/02_foot.html

 

 


にほんブログ村

ad2

-10.Others, 冷え症