めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

貴方の疲れはどこから?【疲れをためない工夫】

14937344_1015242781921292_7232914780728808734_n

 

師走でバタバタしているせいなのか?寝ても、寝ても...疲れがとれませんねぇ。。。
疲れやストレスがたまると、血圧の数値にも影響が出てきますね。
・・・ということで、今日は、疲れをためない方法について調べてみたいと思います。

<疲れの種類>

疲れには、身体的疲労・精神疲労・神経疲労と大きく3種類あり、疲れの種類によって改善方法や原因も違うということです。

●身体的疲労
スポーツや重労働をした後や、長時間筋肉を使い続けたときなどに感じる肉体疲労で、この身体の疲れは一過性のものが多く、睡眠や入浴・マッサージなどでとれる疲れです。肉体的疲労の主な原因は、筋肉を動かすためのエネルギーの不足と、疲労物質の蓄積です。この老廃物が体内に溜まり、慢性的な疲労となってくると、倦怠感や浅い眠り、免疫力の低下、気力の低下、眠気がとれないなどの症状が出やすくなります。

●精神疲労
精神疲労の1番の原因はストレスです。人はストレスを感じると、ストレス反応が体内で行われ、体内反応が限界に達すると、下痢や胃痛、頭痛、肩こり、不眠などの症状が現れます。

●神経疲労
長時間のデスクワークやパソコン、スマホの長時間使用などで、視神経や脳が緊張した状態が続くことによって起こる、頭の疲れです。同じ姿勢で長時間いることは、肩や腰に負担をかけます。また、パソコンは目を酷使し眼精疲労の原因にもなります。

 

<疲れをためないコツ>

●良い睡眠をとる
睡眠は脳や身体を休めるとともに、成長ホルモンが分泌されて細胞が活発になったり、食べ物が消化吸収されて栄養が蓄えられます。 心地よい眠りが得られるよう工夫してみましょう。

●休養をとる
心と身体をリフレッシュする時間を持つことが大切です。ぬるめのお風呂にのんびり入って、リラックスしましょう。お風呂は筋肉を緩ませ、血液循環をよくし、体内の老廃物を排出させるとともに、神経の緊張も心地よくほぐしてくれます。

●長時間同じ姿勢を取らないようにする
長い時間同じ姿勢を続けていると一部の筋肉が緊張し、そこに乳酸がたまり血流が悪くなります。正しい姿勢を心がけ、疲れを感じたらストレッチなどで体を動かして、筋肉に負担をかけすぎないようにしましょう。

●運動
筋肉にたまった疲労物質は、適度に体を動かすことでよりスムーズに排出されます。ストレッチや軽いウォーキングなど出来る範囲で毎日行うことが大切です。

●バランスのよい食事
ジャンクフードばかりになっていたり、栄養バランスの悪い食事をしていると、身体がエネルギー不足になってしまいます。特にビタミン、ミネラルが不足すると、体内でエネルギーが十分に産生できず、疲れやすくなります。

【食事をとる際のポイント】
・早食いであったり、よくかまないで食べると、消化不良をおこし、胃腸が疲れてしまいます。
・夕食をたくさんとると睡眠中に胃腸が休まらず、翌朝まで負担がかかります。
・ビタミンB1が不足すると、糖質の代謝がうまくいかず、だるい・疲れやすいなどの症状がおこります。
・鉄は体内の酸素を各細胞に運ぶ役目があるため、不足すると運動能力が低下し疲れやすくなります。
・食欲のないときは、消化しやすい食品を効果的に使いましょう。
・アルコールを大量にとると、その分解のため肝臓が余計に働くので疲れやすくなります。

【スタミナupを助ける栄養素】

・ビタミンB1・・・豚肉・うなぎ・レバー・豆類など
・ムチン・・・納豆・オクラ・山芋・モロヘイヤ・里芋など、ネバネバした食品
・アリシン・・・にんにく・ニラ・ネギ・玉ねぎなどの香味野菜

アリシンは、ビタミンB1の吸収を助ける働きを持っています。ビタミンB1は水溶性で熱にも弱い栄養素で、調理の段階で半分以上の栄養価が失われてしまいますが、にんにくや玉ねぎなどアリシンを豊富に含んだ食品と一緒に調理することでビタミンB1とアリシンが結合され、アリチアミンとなり体内に吸収されやすくなります。

・・・ということです。今年もあと少しで終わりますね。疲れをためて免疫力を下げないように、常日頃から疲れをためない工夫をして年末を乗り切っていきましょう~!

 

 

参考
・http://www.skincare-univ.com/article/010722/
・http://rules-of-success.jp/physical/tiredness-recovery-method/
・http://www.setagayaku-hokencenter.or.jp/rest_body/method018.html
・http://iroiro-monokoto.com/hirou3/
・http://www.hirou.jp/P04/01-1.html
・https://doctors-me.com/doctor/symptom/72/column/2210

 

 


にほんブログ村

ad2

-10.Others