めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

捨てないで~!大根の皮に「ルチン&ビタミンC 」

2016/10/03

10392204_850006305111608_7381542242570021072_n

 

高血圧改善のために、十割蕎麦をよく食べるようにしているんですが、他にもルチンを含む多く食材をさがしていたら、意外なものにルチンが。。。
実は「大根の皮」にルチンが含まれていました!さらに、大根の皮は、大根の中心部に比べ約2倍のビタミンC量を含んでいるそうです。大根の季節。。。ちょっと料理方法を考えねばなりませんねっ。ということで、今日は「ルチン」について調べてみたいと思います。

<ルチンとは>

ルチンとは、ポリフェノールのフラボノイド化合物の仲間で、ビタミンPと呼ばれています。ビタミンPとは、ビタミン様物質と呼ばれる、ビタミンと似た働きを行う物質の一種で、ヘスペリジン、ルチン、ケルセチンなどの総称で、柑橘類、そば、なす、アスパラガス、ほうれん草、くこ、マメ科のエンジュのつぼみ、クワの実、トネリコの実、クランベリーといったベリーなどに多く含まれています。

ルチンは、ビタミンCの吸収を助け、とくに毛細血管を強化する働きがあることで知られており、心臓疾患や動脈硬化、高血圧など、生活習慣病の予防に役立ち、高血圧の改善や血糖値の回復作用があるといわれています。また、ビタミンCとの併用で体内でのコラーゲンの合成などを助けます。ルチンは、鼻詰まりなどのアレルギー反応を引きおこすヒスタミンという化学物質の分泌速度を遅らせることがわかっており、アレルギー治療薬としても使われていますが、ソバは重篤なアレルギー症状を起こすタンパク質が含まれているので、そば茶などでルチンを摂取する場合には注意が必要です。

 

<ルチンの健康に役立つ働き>

●出血性疾患の予防
ビタミンCと同時に摂取することで、毛細血管を強化し内出血を防ぐ働きがあります。脳卒中や歯茎からの出血などの出血性の疾患を予防します。

●生活習慣病の予防・改善
ルチンは毛細血管の弾力性を保ち、血流を良好に促す働きがあり、動脈硬化や脳血管障害予防に効果的です。また、血管収縮作用もあり、高血圧の予防、血圧降下作用、痔の予防効果もあります。

●心疾患の予防・改善
弾力性が無くなり、脆くなった血管を強くするので破れにくくするので、命に関わる重大な病気を引き起こす脳出血などを予防します

●糖尿病の症状の予防・改善
ルチンはアルドースレダクターゼ酵素の活性を阻害する働きがあります。アルドースレタクターゼ酵素とは炭水化物代謝にかかわる酵素で糖尿病の合併症を引き起こす要因であると考えられています。さらに膵臓に働きかけることでインスリンの分泌をうながし、糖尿病の予防にも役立つとされています。

●認知症を予防する効果
ルチンはその抗酸化作用によって、脳細胞の酸化を防ぎ活性化させるため、認知症にも有効だと考えられています。

●抗炎症効果
ルチンには抗炎症効果があり花粉症の炎症を抑える効果が認められています。

●ビタミンCの吸収促進によるシミ・シワ・たるみの予防

<ルチンは目にも良い!>

目は日光などに長年さらされて活性酸素が増えると白内障になってしまうと言うリスクがありますが、これを防ぐ役割をするのがルチンで、目の網膜黄斑部の補修を受け持っています。実際に初期の白内障患者にルチンを処方して回復したとの報告があるということです。

・・・ということです。毛細血管を強くする効果は、ビタミンCと一緒に摂取することで高められるということです。韃靼そばに含まれるルチンの含有量は普通のそばの約120倍だということなので、ソバアレルギーの無い方は、ぜひ試してみて下さい。

 

 

 

参考
・http://www.fashion96.com/supplement/rutin/
・https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%B3
・http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/rutin/
・http://www.nikkoku.co.jp/entertainment/dattansoba/rutin.php
 

 


にほんブログ村

ad2

-高血圧改善に有効な栄養素, 高血圧改善に有効な食材