めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

夏野菜の簡単ごはんで「夏バテ」予防!(実は高血圧にも良いんです!)

13528719_911474838964754_5467445243389079640_n

 

「ふぅ~。今日のごはん何にしよう~。。。」
毎日のごはん、悩みますよねぇ。
この時期は、暑いので調理するのもしんどい(-_-;)
「短時間で出来るもの...」となりますね。。。

はいっ!そこで『そうめん』に手を伸ばしそうになった方~!ちょっとまったぁ~!
日々の食事が、夏バテ予防&解消につながりますよ!
炭水化物過多になりそうな夏ですが、少し頑張ってみましょう!

スーパーの入り口を入るとすぐに、野菜コーナーが見えるはずです!
夏バテ予防&解消の夏野菜をカゴに入れてみましょう~♪

<夏野菜の種類>

・かぼちゃ :カロチン、ビタミンC、E、食物繊維、カリウム
ビタミンA(カロチン)、ビタミンC、E、3つそろうと、がんの予防に強力な力を発揮すると言われています。

・トマト :カロチン、カロチンの一種(リコピン)、ビタミンC、E、カリウム
カリウムは、余分な塩分を排出し、高血圧や動脈硬化を予防する働きがあります。

・茄子 :ポリフェノール、カリウム
抗酸化作用、がん予防。(ポリフェノール、アントシアニン、ナスニン)

・冬瓜 :ビタミンC(トマトの2倍)、食物繊維、カリウム
ビタミンCは、トマトの2倍!

・きゅうり :カリウム、ビタミンC、カロチン、96%が水分。
旬の季節に食べるとビタミンCは冬の2倍以上含まれています。

・ゴーヤ(にがうり) :ビタミンC(トマトの5~6倍)、カリウム
ゴーヤの苦味成分は胃壁を刺激して消化力を高めますが、食べ過ぎると胃を冷やすので、胃弱の人は食べる量に注意。

・とうもろこし :ビタミンB1、B2、カリウム、食物繊維
疲労を回復。ストレスに対する抵抗力を高める(とうもろこしのビタミンB1、B2はゆでても失われにくい。)

・みょうが :カリウム
香りや辛味成分に薬効があり、不眠症や生理不順に。

・にんにく :ビタミンB1、カリウム、イオウ化合物のアリシン、鉄、食物繊維
疲労回復。ストレスに対する抵抗力を高める。(アリシンには、ビタミンB1の吸収を促進するパワーがあります。)

・枝豆 :ビタミンB1、B2、C、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維
脂肪肝の予防。(肝臓にたまったコレステロールなどの脂肪を分解する働きがある。)

・ししとう :カロチン、ビタミンC、カリウム、食物繊維
唐辛子と同じ成分、カプサイシンが含まれ、新陳代謝をよくし、運動した時と同じように、熱エネルギーが体外に排出されます。

・いんげん :カルシウム、カロチン、食物繊維、ビタミンC、E、カリウム、鉄
高血圧予防・疲労回復(アミノ酸のひとつのアスパラギン酸、ビタミンB1、B2)

・オクラ :カルシウム、カロチン、食物繊維、ビタミンC、E、カリウム、鉄
胃壁を保護(ネバネバ成分、ムチン) / 糖尿病予防(ネバネバ成分、ペクチン)

・大葉(しそ) :カロチン、カルシウム、鉄、亜鉛、カリウム、ビタミンC、B1、B2、E、食物繊維
アレルギーの予防、改善(αリノレン酸) / 殺菌、防腐作用(香り成分ペリルアルデビド)

・ピーマン :ビタミンC、E、カロチン、カリウム
血液をサラサラに。動脈硬化の予防(青臭さのもととなる成分、ピラジン。ビタミンPにも血管を丈夫にする働きがある)

・モロヘイヤ :カロチン、カルシウム、鉄、カリウム、ビタミンC、E、ビタミンB1、B2、食物繊維
独特のぬめり成分ムチンは、体に有害なものを吸着して排泄してくれる。 コレステロール値を下げて、便秘解消。

...など。

えっ。。。?
これらを料理するのが面倒?
はいっ!小鉢を5つテーブルに並べてください。
1皿目:ししとうと「ちりめんじゃこ」を醤油+砂糖+酒で炒めて、3分でOK!
2皿目:ピーマン千切りにして鰹節かけて、1分でOK!
3皿目:モズク酢にキュウリ(オクラ)入れて、山芋入れたら、すばらしい!1分でOK !
4皿目:モロヘイヤ...茹でるだけ~!
5皿目:豆腐にみょうがをのせて~!
枝豆は... お総菜売り場に「塩ゆで」売ってた~🎶
メインのおかずは、ビタミンBが豊富な豚肉で、キムチポッカにでもしましょうか~!
夏のごはんは、栄養たっぷりで手早くささっとで、乗り切りましょう~(●^o^●)


にほんブログ村

ad2

-10.Others,