めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

冷えから体を守る!温めるべき体の部位

14691060_993717080740529_6943590694740201350_n

 

ここ数日、また冷え込んできましたね。。。
出かける際にストールをしないで出かけたら、また首を冷やして頭痛を招いてしまいました。。。(髪がショートなので、ストールは欠かせません(-_-;))週末はこたつを出したり、カイロを準備していたりしていたんですが、体のどの部位をカイロで温めるのがいいのか?ちょっと気になりましたので、今日は「温めるべき体の部位」について調べてみたいと思います。

<温めるべき体の部位>
体温が上がると血流が良くなり、免疫力もアップしますから、風邪などの感染症が多いこの時期を温かく過ごすことは大切なことです。

●首の後ろ
首を前に曲げた時、後ろにできる突起の下のくぼみにある、大椎のツボは、太い血管が通る道にあります。東洋医学では、風邪の悪化を食い止める効果があるといわれているツボもあります。

●背中
肩甲骨下の間、背中の中央には、胃と腸の神経が集まっているので、この部分を温めることで胃腸の働きが高まり、全身の血流改善が期待できます。

●仙骨
仙骨は、骨盤の要であり、重要な神経や血管が通っている場所です。骨盤の中央にある骨で、触ると骨がすこし突き出ている部分です。下半身の冷えには、この仙骨の部分を温めるのがもっとも効果的だという実験データが出ているということです。

●下腹部
おへそから指3本分下にある丹田というツボを温めることで、全身のエネルギー代謝がよくなり、体を温める効果があると言われています。お腹を温めることで、内臓の働きもよくなり、基礎代謝あげ、ダイエット効果も期待できるということです。

●足首の内側
足首の内側、内側のくるぶしとアキレス腱の間を温めることで足全体が温まります。

 

<カイロを貼ってはいけない場所>

●心臓の付近
心臓は 全身に血液を送り出すためつねに運動しているので、心臓を温めることで、心臓に負担がかかり、場合によっては吐き気をもよおしたり、痛みを感じることがあるということです。

●頭部や脇の下
体から熱を逃がす役割がある場所なので、カイロで温め続けると、体温調節機能がうまく働かず、頭痛や吐き気などの体調不良を引き起こす原因になるおそれがあります。

 

<ホッカイロを使う時の注意点>

・必ずインナーやシャツなどの上に貼りましょう。
・怪我をしている部分は、 皮膚が敏感になっていることもあるので注意しましょう。
・就寝時には使わないようにしましょう。
・乳幼児には 使用しないでください。
・こたつなど他の暖房器具と併用しないようにしましょう。

・・・ということです。手足が冷えるのは、冷えた身体を守るために、内臓に血液を集中させるからだそうです。ですから、冷え性対策としては、末端部位より中心部を温めるのが正解のようです。冷えは、高血圧にもよくありません。日頃から体を温めて、体質改善していきましょう。

 

 

参考
・http://duol.jp/768/
・http://news.selfdoctor.net/2013/12/03/780/
・http://style.nikkei.com/article/DGXDZO49000940Q2A131C1W05001?channel=DF130120166128&style=1
・https://welq.jp/45710

 


にほんブログ村

ad2

-冷え症