めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

免疫力を高める食材を選ぶポイント【免疫ビタミンLPS】

14233149_958584320920472_4174773243874376453_n

 

9月に入り、日中と朝晩の気温差が大きくなってきましたね~。
ちょっと油断すると風邪をひいてしまいそうです。
寒くなる前に、少しづつ免疫力を上げて風邪対策ですね。
・・・ということで、今日は免疫力を上げる食材選びのポイントについて調べてみたいと思います。

<免疫力とは?>

免疫力とは、病気を引き起こす菌やウィルスから身体を守る力のことです。免疫は、体内に異常がないかどうかを監視して、異常を発見した場合には、もとの正常な状態に戻すという役割を持っています。例えば外から入ってきた病原菌をやっつけたり、体内にたまった老廃物やがん細胞を掃除したり、傷ついた箇所を治したりします。人を含む脊椎動物の免疫機能は、以下の3つの防衛段階に区分されます。

・上皮障壁(異物を体内に入れない機能)
・自然免疫(主に病原体等を食べる、消化する機能)
・獲得免疫(抗体を作り出し、病原体を攻撃する機能)

【自然免疫と獲得免疫】
免疫は「自然免疫」と「獲得免疫」の2種類の免疫システムで身体を守っています。「自然免疫」は、原始的な防御システムで、マクロファージや好中球といった自然免疫担当細胞が、病原菌やがん細胞を食べて消化して排除します。一方「獲得免疫」は、進化した動物で見られる防御システムで、T細胞、B細胞といった獲得免疫担当細胞が、侵入してきた細菌やウイルスなどを記憶し、再び同じ病原体に感染したときには、すばやくその病原体にぴったり当てはまる抗体を作って退治します。インフルエンザやBCGなどのワクチンはこの仕組みを利用しています。

<免疫力を高める食材を選ぶポイント!>

1.体内環境を整える

●ヨーグルト
ヨーグルトの乳酸菌が体内の善玉菌を増やして、免疫力を高めてくれます。

●レタス
レタスをたくさん食べると、悪性腫瘍の細胞を壊死させる効果のあるサイトカインの一種、TNF-αが体の中で生成されて、免疫細胞を活性化させる効果が期待できます。

2.菌を防ぐ

●ニンニク
にんにくの臭い成分のもとのアリシンという物質には、強い殺菌作用があり、結核菌、ブドウ球菌、赤痢菌、チフス菌など様々な菌に対して、殺菌効果があることが確認されているそうです。

●お茶
お茶のカテキンには、ウィルスに対抗する殺菌効果があり、風邪やインフルエンザに効果があるといわれていますが、お茶のもうひとつの成分テアニンには、免疫細胞を活性化するということが分かってきたということです。

●梅干し
梅干しには強い殺菌効果があります。梅を食べることで、マクロファージやナチュラルキラー細胞などの免疫細胞が活性化するという報告もあります。

3.体温を上げる
*免疫力は体温を1度上げると約60%も高まると言われています。

●ショウガ
“ジンゲロール”というショウガの辛み成分には、免疫力を上げるといわれています。ジンゲロールは加熱すると“ショウガオール”という成分に変化します。ショウガオールに変化すると免疫力をアップする働きは薄くなりますが、血行をよくし・体温を上げることが期待されます。

●鶏肉
鶏肉は、薬膳でも良く使用される食材で体を温める効果があります。また、鶏むね肉には“イミダペプチド”という成分が含まれています。この成分は疲労回復・筋肉疲労を防ぐことで、免疫力を高めるのにつながると期待されています。

4.その他
●納豆
納豆は、体内の善玉菌を増やし体内環境を整え、免疫力を高めてくれることが期待される食べ物です。ビタミンB・ビタミンE・カルシウム・マグネシウム・イソフラボン・たんぱく質などの栄養素が豊富です。

●バナナ
バナナには、白血球の数を増やし白血球の質を向上させる効果があるといわれています。他にもバナナには、ビタミンB1やB2、ナイアシンなどのビタミンB群が豊富に含まれています。

5.免疫ビタミン LPS(リポポリサッカライド)が多く含まれている食材
LPSは免疫細胞を活性化させる働きがあり、継続して摂取することで免疫力がアップするだけでなく、花粉症などのアレルギー疾患の緩和や、がんや認知症の予防にも非常に有効と期待されています。

●玄米
LPSが最も多く含まれているのは「玄米」で、LPSは玄米のぬかと、その内側の亜糊粉層の部分に多く含まれていて、加熱調理をしても効果が失われないということです。

●メカブ
ワカメやノリ等の海草類には天然のLPSが良い状態で含まれていますが、中でもLPSの含有量が多いのがめかぶです。

●レンコン
LPSは土壌中で育つさまざまな微生物の成分ですから、土と直接接する根菜類の皮の部分にも多く含まれています。根菜の中でもLPSの含有量が多いのはレンコンです。皮をきれいに剥きとってしまうと効果が薄れてしまうので、できるだけ皮を残せるように調理しましょう。

 

http://kenkou-tabemono.info/index.php?%E7%97%87%E7%8A%B6%E5%88%A5%E9%A3%9F%E3%81%B9%E7%89%A9%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E5%8A%B9%E8%83%BD
http://www.skincare-univ.com/article/011026/
http://www.up-immunity.net/

 


にほんブログ村

ad2

-4.免疫力