めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

今話題の「もち麦」に含まれる注目の成分「βグルカン」

2016/10/21

 

 

最近はテレビでもよく取り上げられている「もち麦」ですが、このもち麦に含まれている「βグルカン」という成分が、とても注目されています。βグルカンというと、キノコが思い浮かぶんですが、このもち麦にはβグルカンが豊富に含まれているということで。。。今日はもち麦につて調べてみたいと思います。

<もち麦とは?>

もち麦は、大麦の一種で、 もち性のハダカムギはもち麦と呼ばれます。穀類の中でも高タンパク、高ミネラルで、「β-グルカン」という水溶性の食物繊維を多く含み、粘性があるのが特徴で、普通の麦より「もちもち」した食感が楽しめます。 食物繊維の含有率が高く、糖質が少ないので機能性食品として見直されつつあります。

<もち麦の健康に役立つ働き>

●血糖値・ダイエット
血糖値が上がりやすい食べ物を摂ると、血中の糖を分解して血糖値を下げようと、膵臓からインスリンが多く分泌されますが、インスリンは糖を脂肪に変えて蓄積する働きも持っています。もち麦は粘りのあるβグルカンを多く含んでいるため、食事がゆっくり消化されます。そのため、血液中の糖の量が増えすぎず、多すぎた糖を脂肪としてためこまなくてすむため、肥満を抑制する働きがあります。また、もち麦を食べると、次の食事でも血糖値の上昇を抑える「セカンドミール効果」があり糖尿病の予防にも期待できるそうです

●便秘解消
麦には、豊富な不溶性食物繊維が含まれています。腸内環境を整え、便秘解消に役立ち、便秘が解消されることで大腸ガンなどのリスクも減らすことができます。不溶性食物繊維は便のカサを増し、スムーズな便の形成につながり、トイレで力まなくてよいので、痔の予防や高血圧の予防になります。また、もち麦には、難消化性でんぷん(レジスタントスターチ)も含まれており、難消化性でんぷんは大腸の奥まで送り届けられます。大腸のビフィズス菌などの善玉菌がこれを食べて全身の健康に影響する短鎖脂肪酸の産生を高めてくれます。

●美肌
もち麦には、肌の細胞同士を結び付ける働きのあるカルシウムや、老化の原因となる活性酸素を除去するポリフェノール、酸素や栄養などを運ぶ血液には欠かせない鉄分など、肌の調子を整えるための成分が多く含まれていることから、美肌効果が期待できます。

 

<βグルカン(期待される働き)>

キノコや酵母に多く含まれる多糖類の一種で、食物繊維の仲間です。人間の免疫力を高め、肌の張り、弾力を保つコラーゲンを体内で作る繊維芽細胞を刺激するといわれています。β-グルカンには、健康維持に役立つ成分のほか、免疫系にも大きな影響を及ぼす成分があることが明らかにされています。免疫力が高まることによって、アレルギー反応を鎮め、ガンなどの腫瘍を抑えるも効果も期待されています。また、血中コレステロールや血糖値や中性脂肪を低下させる働きや保湿効果があることも明らかにされています。

・免疫力を高める
β-グルカンは免疫に働きかけるので、風邪などの予防や、アレルギー症状を予防・改善する効果も期待されています。

・ガンを抑制
β-グルカンは、ガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞やマクロファージなどの免疫細胞を活性化させる働きがあり、自身の免疫を高めることによって間接的にガンを攻撃するとされています。

・コレステロール値を下げる
β-グルカンは消化されることなく腸まで届くため、コレステロールを吸着して体外へ排泄する働きがあります。その結果、体内のコレステロール値上昇を抑える効果が期待されます。

・腸内環境を整える
食物繊維の一種であるβ-グルカンは腸内に存在する異物などの体内の不要物質を排除して、腸内環境を整える働きがあります。

・・・ということです。もち麦入りの「キノコごはん」は、βグルカン最強なんじゃないでしょうか?キノコの季節ですから、もち麦とのコラボにトライしてみたいと思います~!

 

 

参考
・http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/b-glucan/
・https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%80%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%82%AE
・http://monclerindre.com/mochimugi-7135.html
・https://welq.jp/1556
・http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%E2%A4%C1%C7%FE

 

 


にほんブログ村

ad2

-10.Others, 4.免疫力, 6.体質改善