めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

ベーコン味の海藻!『ダルス』【2016最新スーパーフード】

 

最近は、色々な海藻を食事に取り入れているんですが、
「何か変わったものはないかしら?」と調べていると面白い食材を発見!

2016年最新のスーパーフードとして話題の『ダルス』という海藻。
加熱調理するとベーコンの味がするらしく...早速発注してみました。
(後日、試食のレポートさせて頂きます。)

・・・ということで、今日は『ダルス』について調べてみたいと思います。

 

<ダルス(dulse)とは?>

紅藻類ダルス目ダルス科の海藻で、おもに北大西洋や北太平洋に生息しています。潮間帯の下部からさらに深い岩上に生じ、葉状、薄い膜質で、単条もしくは不規則に叉状分岐します。旬は、3月から5月にかけての春。ダルスは、日本国内ではあまりなじみがありませんが、北欧諸国では古い昔から常食されてきました。アイルランドやアイスランドでは、ダルスを乾燥させ、おやつによく食べたり、湯通ししたものをマヨネーズであえたりするそうです。

茹でると緑色に変化するのも特徴です。ダルスは海から捕った時には鮮やかな紅色をしている海藻ですが、熱を通すと緑色になります。これは熱を通すと黒に近い色に変わる他の海藻と大きく違います。

【主な栄養素】

・カルシウム
・亜鉛
・ヨウ素(ヨード)
・アルギン酸ナトリウム
・アルギン酸カリウム
・アルギン酸カルシウム
・多糖類のフコイダン

ダルスには、カルシウム・亜鉛・ヨード(ヨウ素)・アルギン酸カリウム・アルギン酸カルシウムなどの天然ミネラル、フコイダン(多糖類)、食物繊維、アミノペプチドなどの栄養素が豊富に含まれています。抗酸化物質が非常に豊富に含まれていて、健康にいいとされる野菜「ケール」の2倍の栄養価をもつとも言われています。

 

<ダルスの健康に役立つ働き>

●ダルスに含まれているアルギン酸ナトリウムは、水溶性食物繊維の一種で、コレステロールの低下、便秘の予防・解消に効果が期待されています。

●アルギン酸カリウムは海藻に含まれる水溶性食物繊維で血圧を下げる・コレステロールを下げる、などの効能・効果が期待される栄養成分です。

●アルギン酸カルシウムは海藻に多く含まれる不溶性食物繊維で高血圧・高コレステロール・高脂血症(脂質異常症)・糖尿病などへの効能・効果が期待される栄養成分です。

●多糖類のフコイダンは、昆布にも多く含まれていますが、近年はフコイダン療法として、がん予防に効果が期待されています。

●ダルスにはカロテノイドと呼ばれる天然色素が豊富に含まれています。カロテノイドのほとんどはアスタキサンチンという色素物質で形成されていて、アスタキサンチンが持つ高い抗酸化作用は、老化の原因ともなる活性酸素を取り除いてくれたり、過酸化脂質が体の中に発生するのを抑える役目をしてくれます。

●ダルスには、ヨウ素が豊富に含まれていて、交感神経を活発にさせたり代謝を良くして酸素を体内に送り込む働きをしてくれます。新陳代謝が良くなることで血液の流れが良くなり、肥満や悪玉コレステロールなどが引き起こすととされる動脈硬化の予防にもつながると言われています。

・・・ということです。どうやら、高血圧改善にも効果が期待できそうですね!
届いたら、早速レシピ考案してみたいと思います。楽しみです♪

 

参照:
http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/31/make-bacon-seaweed_n_7909598.html
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1146262558408430201

にほんブログ村

ad2

-高血圧改善に有効な食材, 1.高血圧, 7.スーパーフード