めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

コーヒーの「生豆」で生活習慣病改善!【グリーンコーヒー】

 

先日、国立がん研究センターの研究チームがコーヒーを1日に3杯以上飲む人は、脳腫瘍を発症するリスクが低いという研究成果をまとめました。コーヒーに含まれるクロロゲン酸やトリゴネリンという成分には抗酸化作用などの働きがあり、発症を抑えた可能性があるということです。
しかし、このトリゴネリンという成分は、焙煎してしまうとかなり減少してしまうということで...。「もったいない。。。生豆じゃダメ?そーいえば、ネスカフェさんから、生豆入りインスタントコーヒーでてたなぁ。」と調べてみると、すでに販売終了。。。で、ネスカフェさんから「生豆茶」という新商品が発売されてました。「グリーンコーヒーか!」...ということで、今日はグリーンコーヒーの健康に役立つ働きについて調べてみたいと思います。

<グリーンコーヒーとは>

グリーンコーヒーとは、コーヒーの生豆のこと、または焙煎せずに生豆のまま成分を抽出した飲み物です。コーヒーの香りや苦味の成分の1つであるクロロゲン酸は、加熱で壊れやすいために焙煎時間が長い深煎りだと分解されてしまいます。クロロゲン酸を効果的に摂取するには浅煎りで飲む方が効果的ですが、生豆のまま飲む方がより効果が大きいとされています。また、グリーンコーヒーは、通常のコーヒーと違ってカフェインが少ないことも特徴です。

*コーヒー豆には、焙煎すると減少してしまう成分と、焙煎すると増える成分があります。
熱に弱く、焙煎により壊れて減ってしまう成分には、ショ糖、クロロゲン酸、トリゴネリン、ギ酸などがあります。

 

<グリーンコーヒーに含まれる主な成分>

●クロロゲン酸
クロロゲン酸には脂肪を燃焼させる効果がありますが、ただ燃焼させるだけではなく脂肪の蓄積を防ぐ働きがあります。また、クロロゲン酸には血糖値の上昇を抑える働きがあることがわかっています。血糖値は、炭水化物が分解されていく中でグルコースに分解されるときに上昇しますが、クロロゲン酸にはこのグルコースが生成されるのを抑制する働きがあるため、血糖値の上昇を防ぐ効果があるということです。その他にも、クロロゲン酸はポリフェノールの抗酸化作用で、身体の細胞を酸化させ壊してしまう活性酸素を除去する働きがあります。

〔期待される働き〕
・糖分の吸収を抑制
・体脂肪減少
・色素過剰の減少
・血圧の低下
・動脈硬化の予防
・ガンの予防

●トリゴネリン
トリゴネリンは、コーヒーの豆や魚貝類に含まれる成分です。熱を加えるとニコチン酸に変わります。ニコチン酸は脳の神経細胞の働きを活発にするので、記憶力増強に効果があります。また、コレステロールの値を下げる機能もあります。

〔期待される働き〕
・脳のエネルギー代謝
・脳の神経細胞を活性化させる
・学習能力・記憶力を向上させる
・新しい神経回路を作成する
・認知症を防ぐ
・コレステロール値を低減する

●カフェイン
コーヒーに含まれるカフェインは、「アロカイド」という成分になります。植物に含まれる窒素を含む塩基性の有機化合物で、眠気覚ましや興奮作用、利尿作用などがあります。適度な摂取は、集中力をアップさせ、計算力や運動能力を向上させるという研究結果もあります。しかし中毒性もある事から、過剰摂取は体に有害となります。

●カテキン
緑茶などにも含まれ、動脈硬化防止に効果があり、心疾患、脳血管障害のリスクを減少させるといわれています。

 

<グリーンコーヒーの入れ方>

・水の温度は90〜95℃以下で淹れる。
・水は硬水ではなく軟水を使う。
・コーヒーメーカーよりもペーパードリップでじっくりとお湯を粉全体にいきわたらせる。
・コーヒーメーカーを使用の際は、抽出時間が長いシャワー式のものを使用する。
(グリーンコーヒー「ティーバッグ」もあります。)

・・・ということです。
今から千五百年も前、エチオピア高原に住んでいた人々は、コーヒーの生豆を漢方薬のように煎じて飲んでいたとのことです。生豆は、通常のコーヒー豆と比べて硬いため粉末状にした豆を料理に使うというアイディアもあります。食材が持つ特徴的な成分の働きは面白いですねぇ。自分の身体に合うものを厳選しながら、毎日の食事に取り入れていきましょう~!

 

参考
・http://gricofi.net/greencoffee-3tips
・http://eiyo.hacit.com/2005/05/post_190.html
・http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161105-00000065-asahi-soci
・https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk1962/33/10/33_10_725/_article/-char/ja/
・https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC

 

 


にほんブログ村

ad2

-9. 動脈硬化・血液サラサラ, 高血圧改善に有効な食材