めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

『体幹』を鍛えて腰痛改善!(猫背を治して高血圧改善も!)

11041035_712026902242883_7308954428568090802_n

 

最近、筋力が落ちたせいか、姿勢が悪くなって腰痛もでてきました。
整体で矯正してもらっても、弱った筋肉では骨が支えられず、また元の位置に戻ってしまいます。体幹を鍛えると自分の筋力で骨を正しい位置に戻すことができます。人間の体には骨格筋だけで約400、全体では約600の筋肉がありますが、日常生活で使われるのは約20だけだということです。体幹を鍛えるということは、健康にもつながり、さらには高血圧改善まで。。。

・・・ということで、今日は「体幹筋」について調べてみたいと思います。

<体幹筋とは?>

体幹に属する筋肉の総称で、前体幹筋と後体幹筋(後背筋・脊柱起起立筋・僧帽筋など)があります。また、上肢・下肢に属す筋肉を体肢筋と呼びます。体幹は胴体の曲げ伸ばし、姿勢を保つ、体全体のバランスをとる役割があります。歩く・走る・飛ぶ・跳ねるなどの動作を行ってもバランスが保たれているのは体幹の筋肉が姿勢を安定させているからです。

体幹を構成する筋肉には、インナーマッスルとアウターマッスルがあります。

【インナーマッスル】 
深層筋とよばれ、骨に近い部分の筋肉
●脊柱起立筋:脊柱を支え、上体を後ろに反らせたり、重たいものを持ち上げるときに作用
●腹横筋:腹部を覆うように構成され、体幹部や骨盤を安定させる機能をもつ
●腸腰筋:背骨から太ももの付け根に伸び、歩行や走行の際、太ももを引き上げる役割を担う

【アウターマッスル】 
表層筋とよばれ、体の表面に近い筋肉
●腹斜筋:肋骨と骨盤につながる脇腹にある筋肉で、体をひねる、あるいは横に倒す際に作用
●腹直筋:お腹の中心にあり、体を前に倒すときに機能する筋肉

<体幹を鍛えるメリット>

●姿勢がよくなる
体幹を鍛えると、腰椎が安定し腹圧もあがります。腹圧があがるとそれに押し出されるように、背骨がのびるため、姿勢がよくなります。姿勢を司っているのは、背骨から腰にあたる脊柱です。この太い骨のまわりにある体幹部の筋肉を強化することで脊柱が安定し、背骨が前後にゆるいS字カーブを描く理想の姿勢を維持できるようになります。

●腰痛や肩こりが改善
体幹トレーニングは、姿勢をキープするための筋肉を強化します。その結果、一部に集中する筋肉の負荷やこわばりをなくします。筋肉には骨と骨をつなぎ、関節を安定させる役割があります。整体などで骨の矯正などをする場合がありますが、筋肉も鍛えて骨の位置を安定させなければ、すぐに骨はまた悪い位置に戻ってしまいます。体幹を鍛えれば、自分の筋力で骨をベストポジションに戻すことができますから、腰痛や肩こりの改善につながります。

●太りにくくなる
人間は筋肉の量が多いほうが、基礎代謝が高くなります。基礎代謝が高くなれば、消費されるエネルギー量が増えるため、太りにくい体になります。体幹を鍛えれば筋肉量が増えるので、自然と基礎代謝量が上がります。

●便秘の解消
体幹を鍛えると、骨盤につながる腹部の筋肉も強化され、内臓の動きが活発になります。それにより、便秘などの腸の不快な症状が解消する、といった効果もあるそうです。

●大きな声を出せるようになる
腹筋とともに、あばら骨周辺の筋肉や背骨の筋肉が柔軟になることで、呼吸をする際に肺がしっかりと拡大し、酸素をたっぷりと取り入れることができるようになります。そうすると自然と響くような大きな声を出せるようになります。

●質の高い睡眠を得る
体幹を鍛える過程で、深い呼吸を得ることができます。呼吸は、酸素の流入を増やしたり、胸まわりの動きを良くします。その結果、質の高い睡眠が得られるようになります。

<猫背を治して高血圧を改善!>

常に猫背で背中を丸めるように過ごしている方は血圧が高くなりやすいと言われています。 猫背は姿勢が悪い人の典型ですが、背中を丸めると内臓機能を低下させてしまいます。胸が圧迫されると心臓から全身に送り出す血流が悪くなります。心臓はしっかりと全身に血液を送り込もうとするため血圧を上げる働きが作用して高血圧になります。

血圧測定は姿勢によっても大きく変わります。正しい姿勢で測定すると正確な数値が出ますが、姿勢が悪いままで測定すると数値も悪くなってします。実際に猫背の状態で測定した場合と 背筋をピンと伸ばした状態で測定すると違う数値が出るはずです。姿勢が悪いままで測定した方が明らかに高い数値が出るのは、血液の流れが悪くなっているためだと考えられます。

・・・ということです。 体幹を鍛える時のポイントは激しいトレーニングをするのでは無く、柔軟でバランスの良い体幹を作ることです。筋肉に柔軟性があると疲労しにくくケガの予防にもなります。トレーニング方法は、youtubeなどで検索すると色々なトレーニングがありますので、自分に合ったものを組み合わせてトライしてみてください。秋になって過ごしやすくなったら、少しづつ筋力を付けて「健康な身体づくり」始めてみましょう。

 
参考:
https://latte.la/column/69545296
http:// www.fitnessjunkie.jp/archives/295
http://stretchpole-blog.com/core-training-purpose-2-184


にほんブログ村

 

ad2

-10.Others, 高血圧 Others, 1.高血圧, 6.体質改善