めがね食堂 ruokala silmälasit 『降圧剤ナシで暮らす日々』

血圧240/130mmHgから自力で脱出!食生活&体質改善で、現在は降圧剤ナシで生活しています(^-^)

「はしか」が流行! どう対処する?

2016/09/12

12274777_802721273173445_6813490860530519237_n

 

最近、「はしか(麻疹)」が流行っていますね。
国立感染症研究所 感染症情報センター(IDSC)によると、はしかの原因は「麻疹ウイルス」への感染で、マスクでの予防は難しく、唯一の予防方法は、ワクチン接種によって麻疹に対する免疫をあらかじめ獲得しておくことだということです。(麻疹は、接触、飛沫、空気のいずれの感染経路でも感染。)

しかし予防接種の副作用のリスクの方がこわいということで、予防接種を受けない方も多くいらっしゃいます。私のママ友も予防接種は受けない主義で、その代わりに子どもの免疫力を上げるための努力を色々とされていました。(ちなみに私は心も体も汚れにまみれて免疫上げていく派です。)

・・・ということで、今日は「はしか(麻疹)」について調べてみたいと思います。

<麻疹とは>

麻疹ウイルスによる急性熱性発疹性のウイルス感染症です。感染力が極めて強く、死亡することもある重症の感染症です。咳、高熱、発疹を特徴とする小児期の急性ウイルス性疾患で、伝染力が強く、体の免疫が強く侵され、重い合併症も多い病気です。

<麻疹の症状>

・感染後8~18日ほどの潜伏期間
・初期には鼻水やくしゃみ、38℃前後の熱など、風邪に似た症状(目ヤニや目の充血をともなうことも)
・口の中の粘膜に、「コプリック班」という白い小さな斑点が見られることもあります。
・その後一旦熱が下がりますが、再び熱が上がり、同時に赤い小さな発疹が体中に広がっていきます。
・発疹は、10日〜2週間ほどで治まります。

また、体力を消耗して抵抗力が落ちるため、「中耳炎」「肺炎」「脳炎」などの合併症を引き起こしやすく、それらが重症化すると、死に至ることもあるということです。

 

<麻疹の主な合併症>

●中耳炎
中耳炎は麻疹にかかった人の約5~15%がなると言われています。

●気管支炎
麻疹のはげしい咳の症状から気管支炎を合併することがあります。

●肺炎
麻疹にかかったあと、気管支炎の延長で肺炎を引き起こしてしまう可能性もあります。

●ウイルス性脳炎
ウイルス性脳炎は麻疹の発疹が出てから2日~1週間のあいだに発症しやすい合併症で、麻疹にかかった人の1000人に1人くらいの割合で発症するということです。

●SSPE(亜急性硬化性全脳炎)
SSPEは、麻疹にかかったあと6~7年後に発症する可能性があるとされています。

<麻疹にかかった時の家庭でのケア>

・水分を十分にとる
はしかにかかると高熱が続くので脱水症状に気をつけましょう。

・口当たりの良い食事をとる
熱の影響やどうしても食欲が落ちるので、口当たりの良い食事を工夫したり、消化がよくてエネルギーの高いものや、のどごしのよいアイスクリームなどを少しずつとるようにしましょう。

・発熱時には頭部などを冷やす
熱があるときは、首の付け根など動脈が通っている部分を冷たいタオルや氷枕などで冷やすようにしましょう。この場合でも肩や背中は冷やさないようにしてください。また、発熱で体力を消耗しますから入浴は控え、蒸しタオルなどで顔や体を拭くようにしましょう。

・暑すぎない程度に保温し安静にする
室温は20~25℃くらいにして、ときどき換気をするようにしましょう。はしかのときは、体が熱いのに手足が冷えてしまうことが多いので、薄手で長袖の寝巻きを着て、靴下や手袋などで手足の先が冷えないようにしましょう。発疹が出たら安静にします。

・病院で診察を受ける
発疹や発熱など、はしかと思われる症状があらわれたらすぐに内科や小児科を受診しましょう。また、他の人にうつさないためにもはしかは熱が下がってから3日間は幼稚園や学校、会社は必ず休みましょう。

・・・ということです。はしかに罹っても、麻疹ウイルスを退治する薬はなく、自然に治るのを待つことになります。もし罹っても、重症にならないように、日ごろから免疫力を上げる生活習慣と食生活をすることが大事ですね。医療が進んでいる今日でも、薬で治せない病気は沢山あります。そういった病気に罹ってしまったら、頼れるのは、自分の免疫力ですね。可能ならば、ウイルスと喧嘩して戦う力ではなく、共存できる免疫力がほしいですね〜。

 
http://medical.yahoo.co.jp/katei/251002000/?disid=251002000
http://www.hashika-jtn.com/cures/coexisting.html
http://idsc.nih.go.jp/disease/measles/QA.html
http://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=hashika_hifuzen
http://www.skincare-univ.com/article/012811/


にほんブログ村

ad2

-10.Others, 4.免疫力